<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハロウィン | main | ワグネリアン >>

2030年の花き業界は?

 今日から11月。今年も残すところ2ヶ月。時の経つのが早く感じる。今日は有難いことに千客万来。岐阜セントラルローズ大西さん(MPS参加者ネットワーク協議会会長)が訪ねてくれる。早速11月26日のMPSセミナーを相談。私は10時半過ぎから青山フラワーマーケット井上社長と打合せのために表参道の本社へ。13時みずほ銀行、13時半には金沢のフラワーランド佐藤の佐藤さんが来られて楽しいお話を聞かせてくれる。勿論ホットな情報もで助かる。16時からは海外情報連絡会。こんな調子でデスクに座っている間がない。

 さて、今日の海外情報連絡会。サントリーフラワーズの古川さんは、15時半頃来られて、早いなと思ったら、出席できなくなったので資料だけ届けに来たと。そこまでしてくれて頭が下がる。先ず9月に発表された、Pantone Colorの2014年春流行色の話題から。カラートレンドは、Dazzling Blue、Violet Tulip、Celosia Orange、Freesia Yellowで見ていても楽しい。関連して、カラーテーマに合わせた海外のブライダルのテーブル装飾。イギリスの2030年の消費者像、ケニアの花き産業の動向、キク輸入の推移など盛り沢山。
 海下リーダーが、「2030年は世界がこう変わる」と言うアメリカの情報機関が分析した17年後の未来を予測した本を持って来られた。これはアメリカ大統領に提出されるものだが、大変興味深い。そこから出た話題は、目先をきちんと考えるのも勿論大事だが、2030年の日本の花き業界がどうなっているのか。若い人で論議してみたいと思った。私たちも議論のお手伝いはしますが、是非実現してみたい。
カラ―


 大西さん、佐藤さんから昨日のNHKの「地球イチバン」でオランダの花事情が放映されたとの話題。フェイスブックで番組放送中から感想など飛び交っていたよう。大西さんにも見せてもらう。我事務所も皆見ていたようで、野口さんはビデオに収めてあると言う。こちらは外でお酒を飲んでいて、スマホで日本シリーズを見ていたりしていた。大きなタブレットも使いだしたので「やはりフェイスブックやろうかな」と呟いたら、「ならばブログは1週間に1回にしないと仕事にならなくなりますよ!」とぴしゃりと和田さんから言われてしまった。確かに私の性格からしてそうなるかもしれない。ブログも実は書けないことが多いのだけど、もう自分の記録になっている。もう少しブログらしくもない絵日記ブログを続けることにしよう。

 

松島義幸 * - * 10:40 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ