<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花が嫌いな人? | main | 花き研究シンポジウム「日持ち保証販売の現状と展望」 >>

告知

 今日の東京も秋晴れの1日。陽射しが気持ち良く過ごし易い。朝から打合せで大田市場に行く。久し振りとなる。仲卸通りを歩くとアド・ブルームにシャッターが下りていて見ていて悲しくなる。自己破産の告知書の貼り紙の隣にもう一つ貼り紙が貼ってある。松山誠さんだ。見ると「ありがとう。仲卸アド・ブルームのみなさん! 生産者とお花屋さんの間に立ち、花を扱う喜びや楽しさ、そして難しさを教わりました。有難うございました!」とある。破産と言うことは債権者さんなどいろいろな複雑な問題があるが、私も貼り紙の気持ちだ。
a1a2

 セリ場に向かうと、静岡県産バラフェアをやっていた。静岡県のJA、経済連、静岡県花き消費拡大推進協議会の主催とある。大田花きとFAJと両方に展示されている。フロアにはかなりの品種が展示されていて、赤でもずらっと並べられていて、同じように見えるものもある。それこそアド・ブルームの吉原社長から、「1日に何種類のバラが市場に入ってくるか知っている?」と聞かれたことがある。何とその日は600種類のバラが入荷していた。少ないものは20本、30本と言うようなロットまであった。何故こんなに同じようなものが入ってくるかと言うと、デザイナーさんやお花屋さんの拘りで指定してくるからだそう。今日でも本当に同じように見えるものがいくつもあった。もう少し品種も整理したらいいのにと思ってしまう。
a3a4a5a6


 11月22日、「いい夫婦の日」のポスター。
b2b3

b4 中央花きでは福島県昭和花き研究所の染めのカスミソウが店頭に合った。今シーズン最後の品だそう。
 

b1 大森花きさんの店頭のタグ。生産地の情報は明確に表示されている。他の仲卸はほとんどが品種名と価格のみ。価格だけのもある。


 2つの打合せを終えて事務所に戻ったのは10時近くになってしまった。エーカス江川さんがアメリカから戻り、事務所は久し振りに全員がそろった。14時過ぎからはフラワーバレンタインの打合せ、16時からは法政大学に行って小川先生と打合せ。あっという間に1日が終わってしまった。

松島義幸 * - * 23:06 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ