<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第4回花の応援団 | main | 全国花き輸出拡大協議会企画運営委員会 >>

母になった日にカーネーションを贈る!

 土用の丑の日だと言うのに肌寒いくらいの気温。台風6号が夏の暑さまで持って行ってしまったか。食事に出た昼には半袖では上着が欲しいくらいだった。

 今日は午後から市場で流す啓蒙用のビデオ撮り。いつもJFMAセミナーでお世話になっている枯山水さんに協力して頂く。長く喋るのは簡単でも3、4分にまとめるのはなかなか難しい。未だ、現地撮りが残っているが、後は”名”編集のお任せする。遅れて札幌花佳の薄木さんも来てくれて意見を出してくれた。

 薄木さんとは、お花屋さんマニュアルの打合せ。薄木さんには「花の水揚げ基礎講座」をお願いしている。原稿締切が8月10日だから忙しい。薄木さんといろいろ情報交換の中で、9月からのNHKの朝ドラ「カーネーション」に何かやるかで、「母になった日にカーネーションを贈る!」をやるのだと言う。それもF−NEXT(お花屋さん活性化システム)の仲間に声をかけるそう。「母になった本人に贈る、母になった本人の母親に感謝で贈る!」は、1年中の「物日」に出来る訳で定着させられたらと思う。ここでカーネーションをただ「花」にしたらの意見も。その方が花き業界全体の取り組みになるというのもあるが、母、カーネーションの方がインパクトがあり、カーネーションを年間で楽しんでもらうことで先ずはやってみようが「二人の結論?」。
 「なにわ花いちば」さんで「新しく母になったあのひとへ カーネーション」と言うポスターを作っている話が出て、「私は知らなかった!」と言ったら、松島のブログで知ったと返されてしまった。情けない自分で書いたことも何ヶ月かしたら忘れてしまっている。(http://mpsjapan-blog.jugem.jp/?day=20110428) 物忘れの年代か・・・、ただ、自分は忘れるぞという自覚があるだけましか。最近は何でもメモする癖がついている。食事している時でも割り箸の紙にメモしたりまでしている。もっとも翌日そのメモを見てもなんの約束だったか思い出すのに苦労する時もあるから怖い・・・。

 夕方は、津田さんの見舞いで浦安に。本人はすぐ退院と言っていたが未だ1週間はかかりそう。病は気からとは言うけれど、気力で病気は治せない。病室にパソコンが置いてある。昨日メールを打った写しが入っていたから知っていたが、勿論使用厳禁して治療に専念するよう「命令」した。

松島義幸 * - * 07:46 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ