<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ビジネス講座 花の効用、鉢物管理の基本

 花の国日本協議会事務局の和田さん、李さん来訪。9時から2019年度(2019年7月〜2020年6月)の監査を行う。帳票類のチェック、会計処理上の決裁権限など監査。監査役として無事捺印。花の国日本協議会の会員総会は9月30日にオンライン(ZOOM)で開催される。10時半会計事務所来訪。

 

 13時30分から第7期JFMAフラワービジネス講座 後期△鬟ンライン(ZOOM)で開催。第1講は「花の効用〜花や緑がもたらす心理効果」のテーマで、講師はフラワーライフスタイリスト協会理事の和田幸一氏。和田さんと言えば、日比谷花壇フローラルアセットシェア本部部長の本職の他、日本花き振興協議会事務局長、花の国日本協議会事務局、農水省事業などで超ハードスケジュールの方。花の効用の生理的・心理的効果、認知機能の改善等についての科学的効果の解説から実際に老人介護施設での活動、東日本大震災の「ひまわりプロジェクト」など社会的活動を話される。更には、♯花きの効用×♯花きのチカラプロジェクトを紹介。

a1

 

a1 第2講は、15時から「花鉢・観葉植物の管理の基本〜鉢植え植物の特性を知る、育てる環境を考える」のテーマで西村潤氏(西村農業コンサルタント)の講演。西村さんは、中国杭州で活動されていたが、コロナ禍で1月以来日本で仕事されている。私がキリンアグリバイオカンパニー社長時代は、「ここち博士」としてウェブで活躍、フラワーゲートの社長、キリンを退職してからは、上海交通大学教授・花き研究所長など歴任。現在はECASジャパンの社長もお願いしている。MPSニュースを見ている方は「植物大好き 西村社長のコラム」で毎月お馴染みの顔。鉢物の特性、水やり、温度、光の強さ、肥料の与え方、ポット苗の陳列、・・・全てに具体的で分かり易い。今日のテキストそのものがすべてオリジナルで貴重な資料となる。下表は西村さんが自身のご経験からまとめられた鉢物の管理の目安の一覧表。便利だ。16時20分終了。次回は、10月6日(火)で小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)による「フィールド調査」。後期講座で唯一リアル講義となる。

a1a2

松島義幸 * - * 23:40 * comments(0) * -
このページの先頭へ