<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

JFMAフラワービジネス講座 後期始まる!

 今日から9月。防災の日。台風9号が沖縄に接近中。東京は久し振りに気温30度以下。時々雨の予報は外れたが、曇り空で暑さは和らぐ。

 

 いよいよ今日から第7期JFMAフラワービジネス講座の後期が始まる。今日は花恋人の野田社長から「お花屋さんの利益を生み出す方法」、「スタッフを生かす職場つくりとは」の2講座をお話頂く。前期に続いてオンライン(ZOOM)で開催。受講生は16名。後期も小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)が出席してコメントをくれたり質疑に入ってくれる。事務局は野口さん。野田社長がビジネス講座の講師を引き受けてくれた時にはまだ店舗は関西を中心に13店舗位だったのが、今は関東まで進出して24店舗、続々と出店数を増やしている。今年もコロナ禍をものともせず有明、神田、桜木町、表参道、川口と出店ラッシュだ。

 

 一つ目の講座は、「お花屋さんの利益を生み出す方法」。中小企業診断士の資格をお持ちの野田さんの口座は、SWOT分析、利益構造分析などツールを説明されて、具体的に花屋さんの経営に落とし込んで解説されるから分かり易い。花恋人さんの具体的な数字まで披露されている。VE(Value Engineering VE:価値=機能÷コスト)まで出てきて機能〜コスト座標軸にバラ、カーネ、オアシス・・・を載せているから面白い。理科系御出身の野田さんらしいアプローチ。

 

 15分の休憩を挟んで後半の「スタッフを生かす職場づくりとは」が人材育成なのだが、こちらもいきなりワークエンゲイジメントが出てきてユニーク。動機付け衛生理論(ハーズバーク、動機付け要員、衛生要員)、PPMによる戦略、マニュアル・・・これらも具体的な事例で説明してくれる。我花業界で一番弱いところだ。

 

 小川先生も入っての質疑応答。受講者の一線の方たちからの質問で更に理解が深まったのではと思う。とてもここに紹介できないが、いつもながら門前の小僧(経はなかなか覚えられませんが)で勉強させてもらった。次回は、「花の効用」と「花のケア・管理(花鉢、観葉植物)」のテーマで9月15日開催。

松島義幸 * - * 23:42 * comments(0) * -
このページの先頭へ