<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第33回花卉懇談会フォーラム

 東京は昼間でも5℃位だろうか。ピリッとした寒い1日。最強寒波は北陸をはじめ日本海側で広く雪を降らせている。ニュースによると一晩に80センチとかの豪雪やホワイトアウトによる事故などが報告されている。この寒波は明日まで続くよう。

 

 日曜日恒例の母訪問はなし。お世話になっている施設にインフルエンザ患者が出たようで、全ての外部からの訪問者はシャットアウトとなった。母の好きなお菓子や飲み物が不足(栄養など全て管理されているので、本当は持込みは好ましくない)して可哀そうだが仕方ない。今日やっと床屋さんに行く。例によってバサッと切ったので頭が寒い。でもむさ苦しいのからスッキリで気持ち好い。

 

 花卉懇談会フォーラムのお知らせです。花卉懇談会は、花きを切り口として花き業界外とのコラボを含めて幅広いテーマで毎年2月と7月に開催されていて、私も毎回参加させてもらっている。もう半年経ってしまったかと思う。座長の稲葉先生からメール頂いてお誘い頂いていて恐縮する。申込みは、事務局乗鞍様、櫻井様。申込み締切は、2月10日です。

   FAX046−270−6547     e-mail:kakikondankai@gmail.com

  http://kakikon2015.jimdo.com/  

 

 ●●●33回花卉懇談会フォーラム開催概要●●●

 

 「植物を活用した環境対策を探る〜花業界の知らない植物の活用法

開催日時:2017年2月25日(土)13:0019:00

開催場所:東京農業大学 世田谷キャンパス1号館141教室 

■スケジュール

  開会(13:00〜13:10)

 総合司会 神奈川県農業技術センター普及指導部果樹花き課  堀越禎一 氏

 挨拶 会長    蠑鑒愎∧化学研究所 資源開発部 部長  柴田 忠裕 氏

 趣旨説明 座長 静岡県東部農林事務所 生産振興課 課長  稲葉 善太郎 氏

 第1部

 1.講演(13:1016:00)     
  
*快適な微気候の形成に配慮した植物の利用法

    (株)ミサワホーム総合研究所 環境エネルギーセンター 環境創造研究室

                         主任研究員 平山由佳里 氏

  *植物を活用した快適屋内空間の提供

     (有)緑化技研             代表 藤田 茂 氏

           【休憩15001510
  
*快適空間創出のための植栽提案

      大森カントリーガーデン      代表 大森康雄 氏
 2.総合ディスッカッション(16:10-16:50

    全体進行         (座長)                       稲葉善太郎 氏

    ファシリテーター(進行補助) GARDENER-詠- 代表   平工詠子 氏

 第2部

  3.講師・参加者による意見交換会 (17:0019:00) 

 

参加費   :会員7,000円、非会員10,000円、学生1,000

松島義幸 * - * 22:27 * comments(0) * trackbacks(0)

クリニック オーバーホール終了!

 最強の寒波襲来。今日明日は大学のセンター試験。娘も世が世なら大変な日となるところだった。受かってしまえばのんびりとだらだらと(そう見える!)しているが。また4月になれば勉強に忙しくなるのだから今は好きにさせておく。

 

 過日のCTスキャンの結果を聞きに恵比寿のクリニックに行く。先生から私の各部の断層写真を見ながら説明を聞く。CTスキャンの目的は全癌検査の腫瘍マーカー値で1カ所肺癌の項目(SCC抗原)で基準値を超えていたためだったが、癌の方は心配なさそう。肺はかなり汚れているそうで喫煙していたようなのだと。キリン時代は上司がヘビースモーカーなどと言うのが多く、出張でもわざわざ喫煙車両に一緒に乗せられたりで受動喫煙か?それとも空気の汚れている上海に5年近くもいたせいか・・・。今週杭州の成社長と夜食事に向かう時に、道路の向かいのビルがトップまできれいに見える日本はすごいと感心していた。中国では冬季はPM2.5で近くのビルも霞んで見えないと。

 

 CTスキャンは内臓を見てもらっているが、胃、腎臓、肝臓(脂肪肝あり)、膵臓・・・問題ないよう。異常が見つかり難い膵臓もきれいだった。肥満は今より太らなければ良いそうだが、お腹の脂肪は多く200歳(意味不明)にならないと付かない量だとか。腰の骨は私の腰痛の原因である4、5番の骨はもうくっついてしまっている。

 

 昨年9月に行った人間ドッグは通常の検査に加えて、脳内ドッグ、MRI、腹部エコー、全癌腫瘍マーカー、CTスキャンなどを受けて、今日で一応終了。半年後に直腸内視鏡検査、1年後の頸部エコー検査を受ける。また、箱にはダイエットサプリメントと書いてあるが、アルギニンとかキノコキトサンが大量に入っている錠剤を毎日飲めとの”治療”を進めるのだそう。まあ、正直怪しい気もするが信じて飲むこととする。今日もこの薬はノーベル賞の「オートファジー」の原理を利用したものという説明・・・。

 

 夜は二子玉のお寿司屋さん。健康を晴れて?確認できての酒(一番搾りと燗酒)は美味しい。確かにもう歳(体内年齢は57歳だった!)なのだから、お酒は少し控えめに、また、塩分(血圧が高くなっていた)も気にしていくことにする。鉄人29号、錆も出ているけど大事に使えばまだ動けて使えそうです・・・。

松島義幸 * - * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0)

愛妻の日、バレンタインの季節

 大田市場に直行。8時から花の国日本協議会の3役会議。井上理事長(青山フラワーマーケット)、磯村副理事長(大田花き)、事務局(鹿子木氏、松本氏)が出席。今週11日に開催された「第5回闘え!花屋改革プロジェクト」は事務局も入れて52名の出席。名簿を見ると北海道から九州まで遠方の花屋さんの参加が多く、お互いの工夫成功事例の交換はさぞ盛り上がったことだろう。問題意識を持つ方たちの交流自体が、大きな財産になるのだろうと思う。

 

a1 愛妻の日、フラワーバレンタインhttp://www.flower-valentine.com/)も迫っている。大田市場でも仲卸通りにバレンタインのノボリが上がっている。いよいよだ。これから全国のイベントがウェブでも紹介されるだろう。私の家の近くのスーパーでも入口前にもうバレンタインチョコが山積みされている。ハロウィンが終わればクリスマス、そして正月、そしてバレンタインと売場は休みない。昨年11月に上海のお花屋さんの視察を行った時にバレンタインに1日1200万円も売上げるお花屋さんがあった。小さな店だ。世界では一番花が売れる日なのだ。店舗告知、商品創りでやってみて欲しい。

 

a2 国際婦人デー(ミモザの日)にイベントを仕掛けるところとのコラボの取組みも話題に上がる。花業界としてはミモザだけでなく「幸せの黄色い花」(HAPPY YELLOW)というような形でキャンペーンが出来たら・・・。ハロウィンに負けずに黄色で展開したら店頭も明るくお客さまにもアピールできるのではと思う。もう一つ、プレミアムフライデーの話題。ウィークエンドフラワーをこのプレミアムフライデー(2月24日〜26日でスタート)に合わせて参加できないかの具体的な検討に入っている。いよいよお花の季節の始まり、花き業界が一丸となってどこまでやれるかにかかっている。

 

 来週17日の新春セミナーは定員を余り超えてもということで今日で締切とした。セミナーだけや賀詞交歓会だけの人も結構いるので延べでは80名を超える人にいらして頂けることになる。有難いことだ。

 

 夜は珍しく吉祥寺である人の誕生日会。昔の面影は全くないが吉祥寺駅は高校時代に通った駅。初乗りが10円の時代だが。1軒目ビストロ、2軒目BAR&KITCHEN、どちらも何か昔懐かしい雰囲気のお店で、3人の集まりだが、ゆったりした心温まる時間を過ごさせてもらう。人の気持ちの優しさがとても貴重に思う。今週は元々1日少ないがあっという間に終えてしまう。

 

松島義幸 * - * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0)

お花屋さん開業 AtoZ

 第2回のリレーフレッシュネスフェアの申込み締切(1月13日)が迫っている。去年9月の第1回のフェアでは北海道から九州まで78店舗のお花屋さんが参加してくれた。午後青山フラワーマーケットの水野さんが来られて、わざわざフェア参加の申込書をお持ち頂いた。今回は前回の1店舗から5店舗参加となり、店によってバラ、ひまわり、スイトピー、ガーベラの品目で参加される。今回もトップで参加表明してくれたのが、「知床フラワーさかい」さんで嬉しかった。カインズさんは、前回の3店舗から26店舗に増えている。まだ集計していないが、前回を上回る参加店舗数でお客様にアピールすることが出来ればと期待している。

http://www.mps-jfma.net/topics/170107_2.html

 

 フローリスト2月号(誠文堂新光社)が面白い。「お花屋さん開業AtoZ」と言うテーマでお花屋さん開業、経営を立地から資金調達、コンセプト創り、、アレンジメント、ブーケ、従業員教育・・・とあらゆる項目について分かり易く解説、また、実際開業したお花屋さんの体験談を盛り込んで特集している。実際の店舗事例を写真で紹介しているのも少しお洒落過ぎる感もあるが参考になるだろう。雑誌に出ているものの内容はここに掲載できないが、保存版にもなるので店頭で買い求められたらと思う。我JFMAには同じく誠文堂新光社から出している「お花屋さんの仕事 基本の”き”」と言う本もあるのでこれも活用されたらと思う。

 

 今月のフローリストにはもう一つ「花と病院」ということで「なにわ花いちば」さんの調査報告の要旨が掲載されている。所謂「病院の見舞い花」について、問題の背景と専門家・公的機関の見解、如何にして誤解を解いていく活動を行ってきたかなど今後の対応を含めてまとめられている注目記事となっている。

 

 今日はフローリストの宣伝ばかりだが、もう2月号で22回の連載となる「花のクロノジー 〜日本花卉装飾年代記」の連載も毎月楽しみにしている。今週10日だったか、偶然著者の松山誠さんと市ヶ谷駅前でお会いした。国会図書館に向かう途中だったよう。直接この連載のためかどうかは知らないが、国会図書館で文献調査するなどいろいろ準備された上で書かれているのだなあと思った。お会いした時に昨秋に出された「園芸探偵」(フローリストのムック本)の小冊子を頂いてしまった。この連載のエッセンスのような小冊子だ。

松島義幸 * - * 22:53 * comments(0) * trackbacks(0)

日中園芸技術マーケティングセンター

a1 来週17日に迫ったJFMA新春セミナーもお陰様で定員に近づいてきている。今年は101教室で教室が狭いので心配したが、もし超えても補助椅子を出す範囲で済みそうだ。写真は6日に世田谷花きの深川さんが花材を持って来られて、キクと桜を生けてくれたもの。蕾だった桜も開花して華やかに事務所の玄関を飾ってくれている。

 

 

 

 10時、大阪大学産業科学研究所の永井健治教授(博士)が来られる。光る植物を研究されている。ホタルなどの発光生物に含まれる発光・蛍光タンパク質を遺伝子組み換えで植物に入れようと言う研究。エネルギーを使わないで光る花や樹木・・・夢のある研究だ。光る花壇や電力不要の照明灯やイルミネーションなど用途を考えるだけで楽しい。GM商品なので世に出るまでには時間がかかると思うが注目していきたい。

 

 15時から杭州伝化科技服務有限公司の成軍社長と焦さんが、西村さん(杭州伝化科技服務有限公司高級顧問、ECASジャパン社長)にアテンドされて来訪。杭州の伝化集団とJFMAで設立した日中園芸技術マーケティングセンター(日本からの輸出の受け皿として設立)を舞台に今後どう生かしていくか、今後の中国ビジネス(日本花き・花材輸出、技術ロイヤリティ輸出、ビジネス講座、出版、花き物流システム)について打合わせる。昨年11月にテクノパーク(緑科秀)で開催された日本花きフェアでは、BtoBの17日1500人、18日1500人、一般開放の19日1万人、20日(朝から大雨の天候)1万5千人の人を集めた。

 

 花き物流システムでは、伝化物流公司が全国10カ所(杭州、北京、上海、重慶、成都他)の集配センターを持ち、1000台の車(2トン車など多種類、冷蔵車を含む)を準備して2017年2月からプロジェクトが稼働する。中国国内産地からの花き輸送、輸入花きの配送を行う。現在登録花店は9千軒となっている。杭州伝化科技服務有限公司が花材、生産者、花店を結ぶ市場の機能を機能を果たしていく。勿論ネットも活用する。物流システムが軌道に乗れば、日本花き輸出としても大きな力となる。

 

 17時には岐阜のセントラルローズの大西社長もビジネスミーティングに参加。ミニバラの鉢を6つも持って来られて、日本からの輸出を打合せる。

 

 夜は市ヶ谷駅近くの居酒屋で会食。我事務所は偉い人が来られても居酒屋さんで会食。気軽にコミュニケーションするには美味しいビールと料理があれば十分だ。会食から小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)も遅れてジョイン。

松島義幸 * - * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0)

「大人になったらなりたいもの」 お花屋さんは?

 休み明けの事務所は室温14℃。流石に寒い。今日は昼間は昨日より5〜6度気温が上がって寒さが緩む。今日は法政大学に小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)を訪ねた位で静かな1日。

 

 夜は今日から来日した杭州伝化科技服務有限公司成軍社長と焦さんと神田の居酒屋で食事。フライトが1時間遅れて21時近くなってやっと神田のホテルに到着。ホテル近くの居酒屋さんで21時過ぎから食事。22時半お開き。私は西村さん(伝化集団テクニカルアドバイザー)と残って諸々話し込む。0時帰宅。

 

 第一生命が毎年調査している「大人になったらなりたいもの」アンケートが発表された。1989年から始めて今年で28回目となる。男の子はサッカー選手が7連覇。同じスポーツでも野球は4位に後退。学者・博士が2位にランクインされているのは、日本のノーベル賞の連続受賞が影響しているのだそう。女の子のなりたいもの第1位は20年連続で「食べ物屋さん」。2位、3位の保育園・幼稚園の先生、学校の先生も変わらずに上位3位までを占めている。

 

 さて「お花屋さん」は?かっては人気職業だったが、今年も去年に続いて圏外。アンケート調査の解説では、総務省の世帯主年齢別「切り花」の年間出費金額を上げて、花の消費額の減少と共に「お花屋さん」の順位が下がったと解説している。

 

a1a2

 

a3

 

 下記グラフは女の子のなりたいもの「お花屋さん」の推移を私が1989年から図にプロットしたもの。1992年から2002年頃までは3位以内をキープしてきたことが分かる。上図にもあるように2000年以降の花の消費の減少と共にお花屋さんの人気も下がっている。今年成人式を迎えた年代の子どもの頃から急激に花の消費量も減り、お花屋さん人気も下がり続けたことになる。

 

a4

松島義幸 * - * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0)

成人の日

 昨日から今朝にかけて関東の山沿いではかなりの積雪があったようで、箱根の動けない車や事故をニュースで見る。今日は成人の日。昼から渋谷に出る。雨もやみ陽射しが白く輝くようだ。連休最終日なのに渋谷はいつもの人通りではなく歩道をさっさと歩ける。成人式帰りだろうか、振袖の娘さんもちらほらでそこだけ花が咲いたよう。

 

a2 青山フラワーマーケット渋谷東横店はスイトピーを前面に出している。面白かったのは振り袖姿の二人組が「花を買わないのに悪いかなあ…」などと言いながらお店のお花をバッグに記念撮影をしている。その二人組の少し前にも振り袖姿の娘さんと母親が店頭の花をバックに記念撮影をしていた。

 

a1 帰途三軒茶屋で下車して花屋さんを覗く。今日は三軒茶屋でお花を買う。ピンクと黄色のスイトピー、黄色のフリージア、仏花を購入。スイトピーはほのかな香りが春を感じる。スイトピーとフリージアを玄関に飾ってみる。

 

 

 今週は明日から杭州伝化科技服務有限公司の成社長と昨年11月の日本花きフェアで私の挨拶や講演で通訳でお世話になった焦さんが14日までの予定で来日する。日中園芸技術マーケティングセンターを利用しての日本花きの輸出、講演会、花き技術・マーケティングなどの書籍の翻訳出版などの打合せをする。

 

 JFMA新春セミナー・賀詞交歓会も来週(17日)に迫った。大田花き花の生活研究所の花研ブログで内藤さんがセミナーを紹介してくれている。セミナー講師の西畠清順氏を上手く紹介してくれている。http://www.otalab.co.jp/blog/2017/01/09/15.html

 

 今日は今年最初のタワーレコード。ファジル・サイのモーツアルトピアノソナタ全集、チョン・キョンファのバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲、プレートルのマーラー交響詩「葬礼」、ハンス・ロスバルトのマーラー名演集(1、4、5、6番)を購入。モーツアルトは今日は未聴だが18曲全てにサイが独自の解説をしていて楽しみ。ロスバルトのマーラー(5番は未聴)は古い録音で正直期待していなかったが、なかなか聴かせる。どれも楽しんだ。

松島義幸 * - * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0)

地球温暖化、音響機器交換

 東京も寒い雨の1日。午後母の所に行くのに車載の温度計では6℃を示していた。やっと冬らしい気候になったということか。スキー場では雪不足で閉鎖しているところもあると言う。年末の新聞で2016年の平均気温は日本も世界も過去最高を更新したと出ていた(気象庁12月21日発表)。日本の平均気温が平年を0.88度上回り、1898年統計開始以来過去最高なるのだそう。世界の平均気温も平年を0.46度上回り、3年連続で過去最高を更新したとのこと。原因は地球温暖化に加えて2014年から2016年春まで続いたエルニーニョ現象の影響とみている。年平均気温は100年当たり日本で1.19度、世界で0.72度の割合で上昇している。こうした数字を聞いてもピンとこないが、記録的な大雨、奄美大島で雪、北海道に台風上陸3個など極端な気象もこうした傾向の表れとも言われている。花き業界としては影響を被った昨秋の西日本の記録的な日照不足などもこうした異変の一つだろうか。

 

a1 過日購入したアンプとCDプレーヤーが届く。17年お世話になったアンプとCDプレーヤーは持って行ってもらった。設置するのにレコードプレーヤーが重すぎて移動できない。娘に手伝ってもらって、夕方ようやく設置完了。プリメインアンプ、CDプレーヤーともマランツの中級機(14シリーズ)。滅多に買い替えるものではないので、もっといいものをとも思ったが、悲しいかなネズミ小屋には合わない。マンションだから音量も大きくできないので我慢する。スピーカー(タンノイ)40年、レコードプレーヤー(マイクロ)34年と今日新入りのマランツコンビでこれからは音楽を楽しむ。自室の装置もアンプ、CDプレーヤーはマランツでスピーカーはタンノイで同じ組み合わせとなる。早速レコード(ハイドン88番、ブルーノートのジャズ、チェンバロ)、CD(アルペジョーネソナタ、弦、打楽器とチェレスタのための音楽、ハイドンピアノ協奏曲)などで聴いてみる。澄んで綺麗な音に満足。分離も好い。家電売り場のスタッフに15年以上も前のアンプやCDプレーヤーを使っているのは、15年前のパソコンを使うのと同じ?・・・と言われて買ってしまったのだが。弦、打楽器・・・は弦を左右の2群に分けて曲が書かれていて、その掛け合いが素晴らしいのだが十分楽しめた。

松島義幸 * - * 20:14 * comments(0) * trackbacks(0)

オーバーホール

 朝から成城学園のクリニックに出向く。12月の行った内視鏡検査、腫瘍性ポリープ切除手術の診断と今後の方針について医者の話を聞く。8か所ものポリープは切除されたが、放っておけば癌に進行したのだそうでいいタイミングの検査だったよう。先生にラッキーとも言われて、そんなだったのかと驚く。腸内の20枚ものリアルな写真を見せられ、8年前は綺麗そのものだったのにと思う。もっとも先生は8年前とは画像の解像度も上がっていて、当時は小さなものは見逃されていた可能性もあるとのこと。とに角、癌化の危険性があるとのことで、取り残したポリープがあるかもしれないので6か月後に再度内視鏡検査を受けなければならないそう。そこで無事なら1年ごとのチェックとなるのだそう。

 

 また、頚部エコーで動脈硬化が認められるそうで、専門医の受診を受けることになり予約を入れる。69年間も使っている体だからどこか悪くなるの仕方ないのだろうが、次々に言われるとがっくりしてしまう。来週14日にはCTスキャンの結果を聞きに行く。医療設備が良くなってきているからこそ不具合が見つかるのだから感謝しなければと思うことにした。終わりそうでクリニック通いが終わらない・・・。こうなったら徹底的にオーバーホールをしよう。

 

 今日から3連休。仕事モードのスイッチが入ったとたんの連休。今度は仕事も片付けるつもりだし、むさ苦しい髪もカットするつもりだ。連休の新聞のチラシの量がいつものことだが半端でない。住宅、車、エステ、スーパー、家電、墓、・・・。特にマンションの広告など段々派手で大きくなっている。正直捨てるのも大変だ。「保存版 家族葬」というのもあった。人数、中身に応じて約20万から70万円とある。祭壇は全部花祭壇。いよいよ成人の日を迎えるので成人式がらみの着物のチラシは入らなくなった。我が家は18歳の娘がいるので何社からこれでもかと言うほど分厚いカタログが入ってきていた。これはしばらくお休みだろう。新聞の広告もだが読者層(ターゲット)への働きかけが面白い。

 

 

松島義幸 * - * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0)

JFMA将来構想プロジェクト!

 二十四節句の小寒。いよいよ厳しい寒さとなる季節。今日は気温は昨日と同じ10℃位だが風がないだけ寒くない。佐瀬さん(MPSジャパン)も出て来られて全員が揃う。早速部内打合せ。1月の日程確認。1月17日はJFMA理事会、新春セミナー・賀詞交歓会。大田花き、FAJ、木本生花はMPS流通審査、青山フラワーマーケットは日持ち認証審査、リレーフレッシュネスフェア(1月23日〜2月5日)。私は、宮城(23日)、熊本(26日)で日持ちやMPSの講演会。もう来週から日程がぎっしりとなる。

 

 15時からJFMA将来構想プロジェクトの5回目の検討会。三好(ミヨシ社長)リーダー他メンバーが忙しい中を集まってくれる。12月のJFMA理事会で中間答申して理事の方から頂いた意見を踏まえて最終のまとめに入っていく。今回の一番の議題は次年度以降の財務基盤がどうなるかの説明。会員が増えない中で限られた資金で会員さんにどのようにお役に立てるか、横の連携組織のJFMAだからできる花き業界のインキュベーター(孵卵器)としての役割を果たしていけるか。なかなか解の出せない難しい方程式だ。蓄積されているものをどのように生かしていけるかもキーとなる。また、ここまでリストアップされているアクションリストもプライオリティ付をして、そこに定量目標値と到達期限を設定していく。そこまでやれれば新しいロードマップ(バランススコアカード)ができる。3月14日のJFMA理事会で答申の予定。

 

 難しい話の後はリラックス。近くの居酒屋さんでメンバー有志による新年会。ここから参加の宮西さんもお忙しい中を駆けつけて頂いて嬉しかったです。2次会はアイリッシュパブ。ラフロイグの独特の香り。もうお正月モードも消え通常モードにギアチャンジ。23時半帰宅。

松島義幸 * - * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ