<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

私の盆休み終了!

 連日の猛暑が嘘のように秋の気配。同じ明るい陽射しも熱が沸き上がるように感じられていたものが、透明感が増すと言うかスッキリした光に見える。少し風もあり心地好い。朝夕は涼しく感じるくらいになってきた。今日も当たり前に事務所に出る。結局1日も休まなかった。これは自慢にならない。仕事の切れが悪い証拠で情けなく思う。

 

 午前中フラワーウォッチジャパンの宮西さん(平成30年イノベ事業 検討委員)が日持ち性向上対策実証事業の打合せに来てくれる。MPSジャパン和田さん、中村さんと打合せ。フラワーウォッチの日持ち試験室の機能が素晴らしく、インパックの冷蔵室と共に利用させてもらって連蔵貯蔵、台車差圧冷蔵などの試験、予冷試験追試などいろいろお願いしている。

 

 午後は少し休ませてもらおうかなとも思ったが、貧乏性故銀行振込業務などしていたら夕方になってしまう。今週はフルで仕事で盆休みは取れなかったが、普段できない片付けも出来て満足している。それでも今週のアクションリストの8項目中で達成率は50%だが。机の上に何もない自分のものではないような机を見るだけでも気持ち良い。これがいつまで続くかですが・・・。事務所なのに変だけど音楽もたっぷり聴けた。因みに今日はマーラーの交響曲第4番、5番を聴きながらの仕事でした(一人の時)。私の休まなかった盆休み無事終了です。

松島義幸 * - * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0)

お盆休み終了・・・

 お盆も今日で終わり。朝の電車の混雑もほぼ平常に戻り、事務所周辺の昼のレストランも平常通りの営業に戻っている。街は未だ人が少ないかなと感じるが、昼などは人気店の行列が出来ている。事務所もMPSジャパン中村さんが今日から出勤。東北を車で周ってきたそう。私は今日も出勤。打合せが入っていたので仕方ない。明日こそ休もうと思っていたが、明日も打合せを入れてしまったので出る羽目に。家にいても本や音楽なのだから偶には仕事漬けのお盆休みでもいいかなと思う。懸案の仕事もかなり片付き気持ち良い。別に仕事が趣味ではないけれど、達成感があれば楽しいものだ。

 

 仕事のBGMは昨日からグスタフ・マーラー。昨日今日の2日間で交響曲1番(巨人)、3番、9番、2番(復活)と流して(皆さんがいる時は休止)きている。高校1年の時にレコード店主の薦めで買った1番(ワルター/コロンビア響)。神秘的な響きで始まる冒頭からびっくり。続けて第2番復活(ワルター/ニューヨークフィル)でマーラー狂となってしまう。ベートーヴェン、ブラームスばかりの世界だけ(勿論、これも大好きですが)から違う世界に連れて行ってくれたのがマーラー。マーラーを聴いてバルトークやブルックナーといろいろ広がっていったのを覚えている。正に天国的な響きの第4番、アダージェット(ベニスに死す)が有名な第5番。日曜の朝は第9番(変ですが、何故かそうでした)。切りがないからやめます。

 

 今朝の日本農業新聞を見ると昨日の切り花の価格は前市比では全面安だが、平年比(過去5年の平均価格)では5〜10%位高め。入荷が少ないのに値も上がらない。要は引きが弱いのだそうだ。我家の仏壇の花は昨日片付けた。花持ち4日。キク類なら持って欲しかったが・・・。

 

 朝晩は随分涼しくなった。猛暑の夏もようやく終わりか。南の会場ではまた台風が発生している。5日間連続だそうだ。・・・始まって以来と言う表現にも慣れてきてしまっているが、5日間連続で台風発生とは穏やかでない。フィリピン沖の海水の温度が高いので台風が発生しやすいのだとか。

松島義幸 * - * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

東京の平均気温 100年で3.2度上昇!

 終戦の日。今日も会社に出てきてしまう。今日もいつも取りの6時前の電車に乗ったらガラガラに空いている。永田町でかなりの人が降りるが、大半が小さなリックを背負った中高校生で舞浜(東京ディズニーランド)に行くのだろう。夏休みに入って毎日のことだが、なぜ朝早く行くのかと思う。並んで開門を待つのだろうか。

 

 今日も一人のつもりで偶にはと流す音楽はモダンジャズにする。先ずはマックスローチとクリフォード・ブラウンが共演したアルバムから聴く。1950年〜60年代のブルーノートなどのモダンジャズは好きだ。今日は軽快な音楽をBGMにと思ったが、9時になるとMPSジャパン和田さんが来てくれる。お盆休みだからと旦那さんやご両親の協力を得て仕事に来てくれるのには頭が下がる。健康、家庭ファーストと言いながら申し訳ない。

 

 昨日残した書類の整理とついでに名刺の整理をしたかった。意外と時間がかかってしまい全て終了したのは20時になっていた。沢山の書類、古い名刺を捨てたが、キャビネット、机(机上と引出し)とすっきり。新年を迎えた時のように新たな気持ちとなる。今更ながら沢山の人に会って助けてもらっているのだなあと思う。2006年から続いているウィークリーレポート、マンスリーレポート、JFMAニュース、MPSニュース、アフターヌーンセミナーテキスト、海外ツアーファイルの束を見ていると大きな財産ではある。私自身はいつまで続けられるかは分からないが、花き業界のお役に立つうちは継続していかなくてはならにと改めて思う。

a3a1

 

 

 

 

 

 

 

 帰宅時に駒沢大学駅から自宅までのわずかな時間を歩くのにも心地よい風を感じる。昼間はまだまだサウナのようだが、暑さのピークも過ぎたのかなと思う。今朝の新聞を見ると(日経)、「暑い都市 止めどなし」の怖い見出しの記事。「気象変動監視レポート2017」(気象庁)によると、東京の平均気温は100年で3.2度上昇したそう。冬の最低気温では6.1度の上昇だとのこと。これは地球温暖化に加えてヒートアイランド現象(コンクリートやアスファルトの熱の蓄積、クーラーや車の廃熱)が加わったからとのこと。なお、都市部でないところは平均1.5度の上昇。これは2017年度の数字だから今夏の数字はもっと上がるだろう。

 

 山口の2歳児が無事見つかった。大分からボランティアで豪雨災害の復旧に来ていた78歳の人が一人で探して見つけたのだそう。それも探索を始めてすぐだったよう。勘のようなものがあるのだろう。ところで、この2歳児を探すのに「よっちゃん」を連呼。実は私も小さい頃は「よっちゃん」。テレビから「よっちゃん」と呼びかけられてびっくり。でも「よっちゃん」無事で良かった。

 

a2 机の上のティファニーのボールペン 真っ黒に酸化していたのを磨いてピカピカになった。台湾で餞別で頂いたものだから22年使っている。

松島義幸 * - * 23:32 * comments(0) * trackbacks(0)

故郷は?

 今日も事務所に出る。当然のことながら電車はガラガラ。私の家の前の246号線も車はすいすい流れている。去年は4、5日は休んでいたが、昨日の片付けも途中だったので出てきてしまった。出勤予定だったMPSジャパン和田さんは急遽お休み。私一人になる。同じフロアの事務所も扉は閉まっている。そこで遠慮なくそこそこの音量で1日音楽を流し通した。午前中はモーツアルトのピアノ協奏曲、午後はブルックナーの交響曲(3番、7番、8番、9番)。なかなか快適な仕事環境だった。

 

 今日は電話も4本だけ。佐賀に帰省中の井上さん等フラワーサミットがらみ。小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)のブログを見ても秋田に帰省して旧交を温めて楽しそうなお盆休みを綴っている。考えてみると(みなくても)私のような東京生まれ東京育ちには故郷(ふるさと)の感覚がない。お盆休みは車の渋滞が嫌だからどこにも出ないと言っているがそもそも観光で海外にでも出ない限りは行く所がない・・・。だから休んでも家で積み上がっているCDや本の山の整理をしたり音楽を聴く、本を読む、酒を呑む?・・・位で過ごしている。これにオペラでも見られたら最高!これで至福の時となるのだから他愛なく安上がりだ。

 

 平成30年農水省イノベーション事業のお金が振り込まれたので、昼前に銀行に行って少しMPSジャパンの口座に移し替える。立て替え金が大きくなっていたから早くしなければと思っていた。ところが国産花き日持ち性向上推進協議会の名義の口座だから代表者は樋口さん。通帳と印鑑があれば良さそうなものなのに私の振込手続きを名義人に(樋口さん)に確認を取っていたようだ。連絡先に電話をしたって出る訳はない。私の携帯の番号なのだから(偶々充電中で事務所に置いていた)。口座を開設した時の連絡先に黙って連絡をしていた。結局OKとはなったものの気分悪く事務所に戻る。

 

 ほぼ書類は片付いて気持ち良い。何も前に進んでいないのに達成感がある。今日も昼間はムーンと暑かったが夜は少し風もあって過ごしやすい。台風15号が九州に接近。ゲリラ豪雨にも注意だとか。本当に油断のならない気象が続く。

松島義幸 * - * 23:13 * comments(0) * trackbacks(0)

走馬灯

 今日から旧暦のお盆。朝の電車はガラガラで世の中休日なのだなあと思う。今日の出勤は、MPSジャパンの和田さんと私。和田さんは子供さんを旦那さんの実家に預けているそうで、普段より早く9時に出勤で17時過ぎ(普段は15時まで)まで勤務。仕事が溜まっているからと言う。世の中が休みの時に申し訳ない。今日は会計事務所が午後来られたくらいで静かな1日。私はハーゲンダッツを3つ買っておいたので3人で食べる。

 

 夕方フラワーウォッチジャパンの宮西さんが来てくれる。H30年イノベ事業(日持ち性向上対策)の予冷試験や台車冷却試験の追試をするデータロガを取りに来られる。

 

 今週はまず片付け。私がJFMA、MPSジャパンで仕事を始めた2006年からのファイルがびっしり。机の上も書類の山だ。不要なものを捨てようとファイルを見ていく。見る見る書類のゴミの山となる。JFMAだけ見ても今更ながらいろいろやってきたなあと思う。

 

 タイ新空港の花き物流センター(伊藤忠、政権崩壊で中止)、沖縄花き物流センター(ANA貨物便ハブ化、リーマンショックでヤメ)、でいずれも計画で終わってしまったが、その時検討したものが今の拠点物流構想につながっている。植物診断プロジェクト(植物診断をネットで結んで行う。ある理由でヤメ)、IFEX(立上げ⇒主催⇒後援)、マーケティングプロジェクト⇒フラワーバレンタイン推進委員会⇒花の国日本協議会、鮮度保証販売プロジェクト⇒日持ち性向上対策実証事業⇒認証制度、花自販機プロジェクト(ナビ付き自販機)もあった。中国富裕層に日本の花が売れるかの農水のプロジェクトもあって、上海にお花屋さんチェーン店を展開する新会社の設立一歩前まで行った。これは合弁契約書までできて日本からの派遣者も決まっていたが、リーマンショックで中止となった。フリーペーパーも2007年に2号まで出した。新人の頃の貫地谷しおりさんや多部未華子さんを起用。その後女優さんで活躍。これらのファイルを見ていると各プロジェクトが走馬灯のように蘇ってくる

 

 夜は銀座に出て上海時代の戦友が来日したというので、上海での私の後の社長と3人で食事。4月にミャンマーに言った仲間でもある。沖縄料理とハートランド、泡盛で静かな至福の時間を過ごさせてもらう。22時帰宅。

 

 下記は花自販機のパンフレット。実際に商品化してIFEXで展示したが、機械の値段が高く実際の販売に結びつかなかった。量産を見込んだ価格ならいけたらのではと残念な想いだった。

a1

松島義幸 * - * 23:48 * comments(0) * trackbacks(0)

ノブレス オブリージェ?

 いつも通りの日曜日で午前中は母訪問。目に見えて衰えてきているのでいろいろ考えなければならない。老いていくことは防ぎようがなく、穏やかに静かに毎日を送ってくれることを願うしかない。

 

 午後から雑用もあって渋谷に出る。今日は31℃位だろうか、35℃を超える猛暑から4〜5度下がっただけで随分楽に感じる。夏休み中だからか、普段にも増して若い人で溢れている。相変わらず外人もだ。スクランブル交差点近くのガード下で人だかり。何かと野次馬根性で覗くとなぜか超高級スーパーカー(ランボルギーニ?)が集結。皆写真を撮っている。

 

 タワーレコードに行ってみる。何かのイベントがあるのか若い女の子がいっぱい。7階のクラシック売場のフロアにはほとんど人がいない。大丈夫だろうかと心配になる。今クラシック売場はどんどんなくなっていると聞く。止せば良いのに今日もセットモノ中心にCDを26枚購入。相変わらず古い演奏家ばかり。シュナーベルのシューベルトのピアノ曲、チッコリーニのサテイのピアノ曲、プーランクの管弦楽集、・・・。

 

 今日はお花屋さんを見て廻る元気がない。通り道なので東京東横の青フラさん覗く。この暑さのせいなのか、珍しくお客さんが少ない。今日のお花は「クルクマ」を告知。クルクマの花束をいっぱい出していて新鮮な感じがする。流石だなあと感心する。

a2a1

 

 

 

 

 

 

 

 今週のお盆休み中の事務所は毎日2、3名が出勤するだけ。私は情けなくも今週やらなくてはいけない仕事がびっしり。それでも様子を見て1〜2日は休んでしまおうと思っている。適度に休まないとは思うのだが、あちこち火がついている状況(アクションリストがいっぱい)を少しでも鎮火させなければとのジレンマだ。1週間でも2週間でも休んでも好いと思うのだが自らの貧乏性だと思う。noblesse oblige(立場に相応しい社会的責任と義務)などと言えたらカッコいいのだが、自分で勝手に責任を感じているだけかもしれない。第一ちっとも偉くもない。自意識過剰は大嫌いなのですが。

松島義幸 * - * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0)

1970年3月

 株価に夏銘柄というのがあって、ビールやアイスクリームの銘柄は猛暑になると需要拡大の思惑から株価が上昇するするのだそう。私もビール会社にいた頃は気温が1℃上がれば需要が・・・%(数字は忘れた!)上がると言われていたものだ。それが今年は夏銘柄の株価が下がっているのだとか。気温が35℃を超えるような猛暑(今夏は災害レベル!)になると暑すぎてビールを飲まなくなり、アイスクリームもこってりしたものより氷菓に移ってしまうとのこと。猛暑を囃し立てる蝉も本来の命(元々短い)を全うできないで死んでしまうのだそう。そう言えばマンションの出口に蝉が落ちていた。

 

 今日は2年前に亡くなった大学の研究室の卒論の仲間H君の偲ぶ会に出席。ご自宅にお邪魔して、H君行きつけだったイタリア料理屋「CUCINA IL TETTO」で奥様を囲んで故人を偲ぼうと言う会。研究室の仲間、会社の先輩と7人の小さな集まり。このメンバーでは1年振りだが、昨日の続きのように研究室、会社、政治(大論争?)、音楽・・・と話が尽きない。いつも思うのだが、そこにH君が入っているように思えてくる。奥様が古い写真を7、8枚出される。1970年3月の研究室の皆で撮った記念撮影と西伊豆に旅行した時の写真だ。背広を着ているので、卒論発表会の後かもしれない。カラーだが少しぼやけていたり少し退色しているが懐かしい・・・。私は眼鏡をかけていない。高校1年の夏から大学卒業まではコンタクトレンズを使用していた。私のコンタクトレンズは、視力の衰えが急だったので眼科医の薦めで眼医者で作ったもの。入れた当時(1963年)は珍しかったが、その後若い女性を中心にコンタクトレンズは急速に普及した。

 

 ご自宅訪問も含めて4時間余。温かい楽しいひと時を過ごさせてもらう。H君ご夫妻を囲むつもりでこの集まりは続けさせてもらおうと思っている。H君の娘さんはプロの音楽家(チェリスト)。もう少し時間が出来たらコンサートに行こうと思っている。

 

 最初の写真は卒論のテーマの混合式コンデンサーのファンの前での記念撮影。ネクタイが細いのが時代を感じさせる。4枚目の写真の真ん中が故H君。

 

a1a2a4a3

松島義幸 * - * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

今年のフラワーサミットは?

 6時半車で大田市場に向かう。旧盆前のセリ場を見る。キク類、リンドウは入荷が少なく高めだそう。相対価格を見ると白菊(高値120〜中値60)、SP白菊(高値100〜中値90)、白小菊(高値80〜中値40)、リンドウ(高値130〜中値50)・・・。高温で生育遅れが出ているとのこと。と言うことは、お盆が明けた頃品物が一気に増えて値が崩れる?

 

 8時から大田花き応接室で花の国日本協議会の3役会議。井上理事長、磯村副理事長、西家副理事長、和田事務局長、事務局鹿子木氏が出席。フラワーバレンタイン2019ポスターの選定、フラワーサミット2018の準備状況、第4期事業収支・第5期事業計画など盛り沢山。

 

 フラワーサミット2018は「2021年の夏季業界を考える」のテーマで8月31日〜9月1日に開催されるオープニングセッションは農林水産大臣政務官上月良祐氏(参議院議員)の基調講演、続いて井上理事長のモデレーターでパネルディスカッション。恒例の分科会は8テーマ。「新しいパイつくり」、「これからの農業生産」、「地方の活性化」、「海外進出」、「人、人、人」、「情報流通改革」、エッジを立てる」、「花き流通」と重要課題が並んでいる。私は「花き流通〜今後の構造改革」のモデレーターを仰せつかっている。2日目のオプショナルツアーでは、カジュアルフラワーン物流センター視察、都内花店視察などが用意されている。

 

 引き続いてイノベ事業の関連でフラワーウォッチジャパン宮西さんにも出席頂いて大田花き品質カイゼン室の五十嵐さんと打合せ。7月の予冷・輸送試験を考察。大田花きに入る車の冷蔵車の比率などヒアリングする。帰途はお盆の連休前だからか環状7号線が渋滞。上馬の自宅に車を戻すのに12時過ぎとなってしまう。13時半近く事務所に出る。

 

 夜は「自由が丘の会」と言うキリンOBの会(私が最年少)。いつも通りの自由が丘「南国飯店」で一番搾り、紹興酒と中華料理。皆さん元気だ。ピーコック内のモンソー・フルールを久し振りに見る。鮮度保持剤の小袋をつけて売っていた。

松島義幸 * - * 23:44 * comments(0) * trackbacks(0)

日持ち試験動画の記録

a1 8時45分車で世田谷花きに向かう。のろのろ台風13号は未だ銚子の東の海上にあるが雨もやんでいた。中心から東側の風雨が強く西側は無事という異形の台風。9時過ぎからフラワーウォッチジャパン宮西さんと打合せ。7月25日に行った予冷と輸送温度経過試験:4試験区 〕塾笋覆掘曽鏖考∩、⇒塾笋覆掘僧簑⇒∩、M塾筺曽鏖考∩、ね塾筺僧簑⇒∩について日持ち試験が2週間経過したので状況確認を行う。品目によって違うが、綺麗に冷蔵効果が出て日持ちが伸びたもの、そうでないものいろいろだ。キクなどは4試験区とも全く痛んでいない。

 

a2 フラワーウォッチジャパンの日持ち試験室のシステムは定時ごとに自動で写真撮影ができるが、同時に動画の記録も取っている。宮西さんが4試験区を一つの画面にレイアウトしてくれていて、これだと4試験区の比較が一目で分かる。4試験区を同時に見られる動画は分かり易く、第2回イノベ事業検討会(9月5日)に全て用意してもらうことにした。

 

a3 イノベ事業に関係ないが、びっくりしたのはリンドウの動画。動画で見ると幼虫が花から出てきて、また潜り込む様子が確認できる。その幼虫の潜んでいる花がその後褐変していた。虫によって日持ちを短くしている。この状況は写真ではなかなか見つからないだろう。この虫の問題は難しい。リンドウは露地栽培であり、幼虫が花に入り込むと殺虫剤も効き難い。卵の時に殺虫剤を使って退治するのだろうけど、露地ならいくらでも他から来てしまうこともあるだろう。リンドウは輸出品目だけに考えさせられる。それにしてもフラワーウォッチジャパンの日持ち試験設備はすごいと思う。いろいろな使い方ができる。

 

 追加試験計画など打合せして11時半修了。車を家に戻して13時過ぎ事務所。猛暑日まではいかないが、また真夏が戻ってきた。今日は長崎原爆忌。広島のウラニウム型原子爆弾に続いて、プルトニウム型原子爆弾が投下されて7万5千人が亡くなっている。一般市民に対する核攻撃の実験でもあった悲劇でもあった。また、1945年8月9日は日ソ中立条約を一方的に破棄して満州でソ連が攻め込んできた日。

松島義幸 * - * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

Flower Culture Future

 昨日と今日の東京は猛暑から解放。台風の影響か時に雨も降ってくる。台風13号は未明から明日朝にかけて関東に接近。進路が東に逸れてきて直撃は免れそうだ。

 

 お昼前に三豊園芸(MPS−ABC認証取得)の前川会長が香川大学の学生3人を連れて来訪。今朝一番からは大田花きを見学してきている。香川県では生産者組合が若年層をターゲットに花の消費拡大と花のある街づくりの企画立案を・実践を香川大学経済学部のインターンシップのテーマとして取り上げていて、学生さんたちはFlower Culture Futureをキャッチフレーズに活動している。イベントの仕掛けや実際に仮設の花屋さんまで開くのだそう。日本の花き業界の現状と課題、グローバルな花き生産、先端の品質管理、MPSとは、FSI(Floriculture Sustainability Initiative)などを14時半までたっぷりと説明する。新宿のお花屋さんを見て夕方の新幹線で戻られるよう。若い人が花の消費拡大を応援してくれる・・・。出来ることはいくらでも支援したい。

 

 コープデリ「ヴィ・ナチュール」のMPSの花(8月4回目)は石井フラワーガーデンの「とうがらし」。イタリア生まれで見て楽しい!食べては辛い!というのが謳い文句だそう。「とうがらし」はブラジルでは魔除けの花として人気だった。

a1

松島義幸 * - * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ