<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

沖縄 太陽の花訪問

 朝娘に声をかけられて起きる。いつもは自分で目が覚めるので目覚まし時計は使わない。時間の余裕がなかったが、それでも朝風呂に浸かり羽田空港に向かう。自分の目論見では8時10分(30分前)には空港到着のつもりだったが、悪いことに京浜急行がやたらと停止ばかりしていてかなりの遅れ。結局羽田空港駅に着いたのは出発の10分前。久し振りに走って、荷物検査も「お手伝いが必要な人」専用の部屋に飛び込む。時間がないのでと言って通してもらう。荷物検査を出ると65番ゲートは3つ先。近い、また小走りに向かうと係りの人が「松島さんはいますか?」と叫びながら通り過ぎようとする。すぐさま手を振って私だと知らせる。実にみっともないが間に合った・・・。機内に入ると同行の宮西さん(フラワーウォッチジャパン)が笑顔で迎えてくれる。本当に間一髪。やはり昨日の呑み過ぎが原因か。大反省。

 

 13時「太陽の花」(沖縄県花卉園芸農業協同組合)にお邪魔する。今日から24時間体制となる忙しい最中にお邪魔して申し訳なかったが、今日なら好いよと言う兼島参事のお言葉に甘えて訪問する。目的は真空予冷設備を見せてもらうことと沖縄から東京、大阪に出荷されるエア便と船便の温度経過のデータ取り(データロガ)をさせてもらう打合せをすること。

 

 早速営農指導部の仲宗根さんに案内頂いて入荷、検品、予冷、出荷の工程を見せてもらう。入出荷場は空調機、天井、コンベアが新しくなっている。コンテナトラックが次々と入ってきて人手でコンベアに移される。トラックにはバラ積みの段ボール箱がぎっしり(600箱)。冷気が通るように床は隙間があり、上も少し開けている。検品は箱が開けられて虫にやられていないか目視検査。入荷した状態の箱内の温度を測定する。見る間に箱が積みあがっていく。次にパレットに載せられて真空予冷装置にフォークリフトで入れられる。1回に7パレット入れられて20分の予冷。1パレットに200本入りの箱が21箱載るので1回に147箱(29,400本)が20分で予冷できる。予冷前と後で箱内温度を測定すると18〜19℃⇒5〜6℃で今日は5℃設定か。真空予冷などで箱に大きな開口部は必要なく小さい。予冷後にコンテナトラックにバラ積みされ出荷となる。海上輸送の場合はコンテナ温度は3℃に保たれ、東京は4日、大阪は3日で到着する。

a1a2a3a4a5a6a7a8a9a10

松島義幸 * - * 23:06 * comments(0) * trackbacks(0)

日本種苗協会講演

 14時半本郷三丁目の種苗会館に向かう。地下鉄本郷三丁目駅から200mと近く、方向音痴の私は万全の準備で地図を用意したにも関わらず見つからない。人に聴いたら間違ったことも教えられて無駄にぐるぐる。最後は郵便屋さんに聞いて自分の出番の15時半過ぎにやっと到着。スマホのグーグル案内で行けばいいのだけどこれも苦手。またもや冷や汗をかく。

 

 日本種苗協会花き・栄養繁殖性植物部会の討議研究会に参加。部会長は三好社長(ミヨシ)。演題は「日本の花き産業の現状と課題〜花き消費の低迷と対策、花き日持ち性向上対策の推進、今、世界では?サステナブルな世界へ」で1時間半弱お話させてもらう。

 

 17時過ぎ終了。17時半からの忘年会に出席させてもらう。会場は湯島天神の前の老舗の鴨料理の店「梅園」。最初から大蒜味噌と胡瓜。この味噌が酒に合い絶品。更には自家製の塩辛。これも日本酒にぴったりの酒の肴。鴨鍋と共に燗酒(白鹿)で楽しむ。種苗協会の皆さんと楽しい時間を過ごさせて頂く。

 

 今月末で閉めると言う行きつけの渋谷のスナックにやっと顔を出す。行きつけと言っても恐らく半年振りくらいだろう。花束を持たずにお邪魔したが店内は贈られた花でいっぱい。半端な花束など持たずに良かった。35年くらいだろうか、長い間のお付合いだ。閉店の知らせを受けても忙しくて1カ月以上放っておいて当然のことながら冷たいと。まあ、仕方ない。0時前には帰宅。

松島義幸 * - * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0)

ダズンローズデー

 年末の挨拶に来られたりして恐縮する。我事務所は年末年始の挨拶にも失礼してしまっているし年賀状すら出さない(個人的には出しますが)。午後三和陸運の井上社長とゲートウェイ構想(拠点物流センター・定期運行・加工場集約)の実務打合せ。コスト面のメリット、事業予算、今後の進め方などをじっくり打ち合わせる。

 

 今日は夜は珍しく何もなく体を休める。先週は土曜日まで忘年会などが続いて流石に呑み疲れていた。但し、昨日帰宅時に電車の網棚に忘れ物をしてしまって(本に夢中で駅に着いたと慌てて降りて忘れてしまった!呑んでいたこともあるが・・・)、その回収で田園都市線の終点の中央林間駅まで取りに行った。久し振りに?忘れ物をしたが、検索システムがしっかりしていて感心した。

 

 年末恒例の今年の漢字が京都清水寺で発表(日本漢字能力検定協会)された。その年の世相を表す「今年の漢字」は「災」。これは投票によって選ばれるもので、北海道、大阪府北部地震や、西日本豪雨、台風21号・24号、記録的猛暑が反映されたものだと解説されている。2位は「平」、3位は「終」だったとのこと。同じ世相を表す流行語大賞は「そだねー」でほのぼのとした楽しいものだったが、今年の自然災害は異常で「災」は順当なところだろう。花き業界も今年は自然の猛威に曝された年であり「災」なのかなと思う。

 

 花研手帳を開くと今日は「ダズンローズデー」だそう。12本のバラは「感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠」を表現しているとのことで12本のバラを贈られると幸せになると言うのが欧米の習慣。残念ながら日本ではまだまだ浸透していない。私だって花軒手帳を開いて、そうだった・・・言う位だ。しかもダズンローズを買うのは飲み屋さんに持って行く方が多い・・・。また書いてしまうが、1本のバラの贈り物=ひとめぼれ、11本=最愛、33本=愛しています、77本=求婚、・・・999本=至上の愛が北京語圏のお花屋さんのメニューにある。日本のお花屋さんでも少し本数は減らしているが、花束に意義付け、ストーリー性を出している店も見かけるようになった。

松島義幸 * - * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0)

JFMAアフターヌーンセミナー 花育効果あり!

 東京も最高気温が10℃以下。スプリングコートは1日で退場でコートは第2ステップのライナー付トレンチコートに変更。私が出勤する朝6時過ぎは3、4℃位か冷え込む。

 

b1 今日は第2火曜日で毎月のJFMAの行事の集中日。イブニングセミナー、理事会、イブニングセミナー(12月は忘年会)と続く。14時法政大学審一口坂校舎101教室で第133回JFMAアフターヌーンセミナー。テーマは「花育経験 花の購買に効果あり!」で講師は私。平成29年度の国産夏季イノベーション推進事業で花生活動全国推進事業(事務局:日本花普及センター)から花育の効果について調査を依頼された検証結果を紹介するもの。花育の効果検証という雲をつかむような課題にどのようにアプローチして検証したかのプロセスも説明する。花育参加世帯では、花の購入率が一般家庭比約5割高い。特に自宅用の購入率65%は一般家庭比3倍となる。今回仮設で当初想定していなかった花育効果で見逃せないのは、花育により子供は花や自然への共感を深め、保護者が一緒だとその肯定的な変化が強まることが判明した。子供への花育は花の消費拡大にはすぐには役立たないとの見方があったが、この調査結果は花の購入にすぐにも結びつくと検証されている。

 

b2 18時からアルカディア市ヶ谷(私学会館)のスリーゼでJFMAイブニングセミナー(忘年会)。32名が参加。三好社長(ミヨシ、JFMA副会長)の開会挨拶に続いて小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)のShall we flower?の乾杯でスタート。オランダから来日中のフラワーウォッチ社ユルン社長に挨拶をもらい同社の活動の一端を紹介してもらう。最後は松村社長(自由が丘フラワーズ、JFMA副会長)の締めの挨拶と一本締めで終了。

 

 2次会はいつものアイリッシュパブ。小川会長、藤原さんから若手の高橋さん(東園生花)、有村さん(塙ダリア)まで8人が参加。面白い組み合わせで一番搾り、ラフロイグなどで楽しむ。

 

a2 今日の日本農業新聞に暖冬で生育が前進して入荷が増えている中で荷動きが鈍く相場が軟調だという年末の需要期に向けて心配な記事。

a1

 

 

 

松島義幸 * - * 23:40 * comments(0) * trackbacks(0)

鉢物JAS検討会

 12月も中旬に入って漸く冬型の西高東低の気圧配置となる。東京も最高気温10℃と冷え込むというので今年初めてコートを引っ張り出して出勤する。今日はスプリングコートだったが、もうライナー付のトレンチコートで良いかもしれない。

 

 14時からJFMA事務所会議室で第4回鉢物JAS検討会を開催。農研機構市村先生をリーダーに千葉県、奈良県、島根県の鉢物のスペシャリストが集合。いろいろアドバイスをもらうべく海下さん(クリザールジャパン取締役副会長、イノベ事業検討委員)にも毎回有識者として出席頂いている。今年4月に切り花の日持ちJASは施行されたが、鉢物についての生産者向けJASの規格を作ろうと言うもの。

 

 前回まででMPS−GAPの規格を参考に鉢物日持ち性向上生産管理基準を作ってきたが、栽培管理、出荷、栽培履歴、肥料・農薬の管理、保守と市村先生に作成頂いた資料をベースに検討を進める。鉢物は切花と比べて品目によって管理内容が違っていて、規格基準をまとめるのは大変難しい。基本的には各項目について、何に準拠するのかを明らかにして基準を作成、マニュアル化する。その自ら定めたことが守られているかどうか第3者機関の審査を受ける・・・と言うことになる。今日で検討を終えて、全体を市村先生にまとめて頂くことになった。最終確認は来年2月28日に行うことで日程を決めた。

松島義幸 * - * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0)

ピアノコンサート

 朝から高井戸の妹の家に寄って届け物をしたり母を訪問したりで忙しい。昼からは娘(20歳)と二人で出て食事をしてピアノコンサートに行く。キリン時代の上司のお孫さんがピアニストでチケットを贈られた。会場は大田区民ホール・アプリコの大ホール。区民ホールと言っても客席1500人の多目的大ホールで立派なのに驚く。今日は「アプリコお昼のピアノコンサート」の10周年の記念ガラ・コンサート。元々若いアーチストに発表の場を提供しようと言うコンサートで過去の出演者の中から現在活躍しているピアニスト5人が選ばれて出演していると言うもの。

 

a1 私のお目当ては中村芙悠子さん。お気に入りの曲を弾くところでは、ドビュッシーの映像から「水の反映、運動」。そう言えばデビューCDでもドビュッシーを取上げていた。もう一つはモーツアルト「2台のピアノのためのソナタ」。2台のピアノと言うのも掛け合いがなかなか面白い。2台のピアノがフォルテで重なる部分の響きが新鮮で魅力的だった。鎌田の青フラさんで花束を買ってお渡しした(最近は会場に持ち込めないので終演後に手渡し)。

 

 容姿のことを言うと・・ハラスメントとなるのかもしれないが、中村芙悠子さんは背が高く女優さんにしたくなるほどチャーミングで舞台立つとぱあっと明るくなる。上司だった中村さんとは名古屋工場時代に夏のオートキャンプに行くのが恒例で、いつだったか2泊3日の2日目に台風が来ると言うので急遽京都工場に転勤されていた京都の中村さんのお宅に20人近くが泊まったことがある。そのころ子供さんだったご長男の娘さんのコンサートで遥か昔を思い出しながら楽しませてもらった。写真はCDジャケットから。

 

 今週は鉢物JAS検討会(10日)、11日(火)はJFMAアフターヌーンセミナー(何と私の花育検証の講演)、JFMA理事会、JFMAイブニングセミナー(忘年会)。日本種苗協会講演(13日)、沖縄太陽の花訪問(14〜15日)と忙しい。2018年も残すところ3週間、押し詰まってきた。

松島義幸 * - * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

エコプロダクツ2018 SDGsに向けて

 12月8日。1941年日米開戦(真珠湾攻撃)の日。奇襲であったかどうかの歴史的な事実(形は奇襲だけど)は今となっては論議されているが・・・。私には1980年ジョン・レノンが凶弾に倒れた日として忘れられない日だ。

 

a1 昼から東京ビッグサイト(東1〜6ホール)で開催されているエコプロダクツ2018に行く。主催は、一般社団法人産業環境管理協会と日本経済新聞社。「SDGs時代の環境と社会、そして未来へ エコプロデューサー2018」とキャッチフレーズにあるようにSDGsの17項目の目標に向かって現在の活動、今後のをどうしていくかを各企業、団体が訴求している。三菱電機、新日鉄、イオンなどの大手企業から各団体、大学、自治体とSDGsで何ができるかを発信している。小さなブースでは大学のゼミ活動、小学校の子供たちの取組みを発表している。大手企業のブース内でのセミナーで人を集めているのから小学校の模造紙に手書きした活動の報告までそれぞれがSDGsを表現していて面白い。

 

 大きく分類すればReduce(削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)を環境負荷を低減するためにどうしているかと言うことになるのだろうが、SDGsの17項目の具体的な目標が分かりやすい。”3R+Respect=もったいない”と言われたマータイさん(ケニア、2004年ノーベル平和賞受賞)の”もったいない”も出ている。メディアでも大きく取り上げられた海洋プラスティックゴミの問題、これからの生分解ブラスチックへの移行、バイオエタノールなども取り上げられている。土曜日と言うこともあってか小学生の入場者も多く、何か課題が与えられているのか、ノートを持って熱心に見ている姿も嬉しくなる。食育、花育とあるが、環境への教育を何というのか知らないが、興味を持ってもらうことは大事なことだと思う。

 

 MSC(海のエコラベル)、FSC(森林)、フェアトレード、レインフォレストなど各エコラベルの認証が紹介されていたが、FSI(Floriculture Sustainability Initiative)やMPS(花き産業総合認証)など花き関係はなく、MPSジャパンとしても何とかして1小間でも出るべきだったろう。2010年ころだったかカーボンフットプリントで花きは。23品目も紹介して当時はトップにいたのだが。日本の花き業界のSDGsは遅れてしまっている。

a3a4a5a6a7a8a9a10a11a2  

 

 

 

 

 

松島義幸 * - * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0)

JFMA新春セミナーは「新しいフラワーショップのスタイル」!

 今日は二十四節句の大雪。今週末から冷えこむようだが東京は暖かい日が続く。今冬はまだコートの出番がない。今日は外出もなく来客もない仕事日和。いつの間にか一度片付けたはずの机の書類の山が高くなってきていて山を崩すチャンスなのだが、朝から三菱UFJ銀行(海外送金など)、みずほ銀行などを廻ったりで瞬く間に時間が過ぎてしまう。

 

 夜は今日も忘年会。連夜で流石に呑み疲れているが、メンバーが変わるのだから仕方ない。今日はキリンの東京工場時代の仲間(1970年に13人でビール88本、日本酒64本飲んだ仲間)。17時開始では行けるわけはなく遅刻して参加。六本木のトニーローマ。年寄りの集まりにスペアリブは辛いのだがメンバーの一人の息子さんが就職している。昔ほどではないが皆(私も)良く呑む。終わって19時過ぎ。早いので2次会はアイリッシュパブ。ただ、ここでもビール。ラフロイグ(サントリーさんの扱い商品)を呑むとはキリンの仲間では言えない・・・。20時過ぎ解散で、六本木駅近くの「セルベッサ」に寄って挨拶代わりに一杯飲んでいこうと思ったら店がない。閉店したのか移転したのか。21時前には帰宅。

 

 来年1月22日(火)に恒例のJFMA新春セミナー・賀詞交歓会を開催する。「新しいフラワーショップのスタイル〜ハイブリッド型フラワーショップの提案」のテーマで立地に合わせて(ターゲット)お店の商品ラインアップを変えているKARENDO(花恋人)さん、昨年4月からHibiya-Kadan Styleで日持ち保証販売に取組んでおられる日比谷花壇さんに講演頂く。来賓でいらして頂く農水省花き産業・施設園芸振興室野口室長のお話も聞けます。引き続いての花き業界のジャンルを超えた交流会、賀詞交換会と合わせて是非参加願います。

 

a1

松島義幸 * - * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0)

坂嵜さん育種 アジサイ(Hydrangea Runaway Bride)

 朝から雨。今日は生憎外ばかり。10時グランドアーク半蔵門である商社、投資会社と会議、13時日本能率協会訪問。14時過ぎに一度事務所に戻るも今度は私用で14時半過ぎに事務所を出て青山のクリニックへ。3、4カ月に一度血管外科で頸動脈のプラークの堆積のチェック(エコー診察)を受けている。今日も担当医師に問題ないと言われる。であれば開放してくれても良さそうに思うが次回は3月来いと。そして血液をサラサラにするEPA製剤を出してくれる。呑み忘れてばかりなので大分貯まっている。エコー診察で血管内のプラーク(コレステロールなどが堆積)の状態が断面や側面から見て厚さが最大何mm、長さ何mmとか成長していないかどうか見てくれる。血管だから診てもらっていた方が安心ではある。

 

a1 夜は青山から門前仲町へ。坂嵜潮さん(フローラトゥエンティワン代表取締役)の育種されたアジサイ「Runaway Bride」がチェルシーフラワーショー2018の新品種コンテストで、フラワーオブザイヤー(最優秀賞)を受賞したお祝いの会。発起人・幹事は何と小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)で会場は「男鹿半島」と言う秋田料理屋さん。駅から結構離れているのに方向音痴の私としては珍しくも迷わずに辿り着く。磯村社長(大田花き)、守重社長(インパック)、三好社長(ミヨシ)、松村社長(自由が丘フラワーズ)など16人が出席。嬉しかったのは須田さん(元サカタのタネ専務)や遠く山形置賜から渡部さんが来られていてお会いできたこと。

 

a2 会場に着くとソフトバンクのスマホが使えないで連絡が取れないと、暫しその話題。私はスマホはAU、ガラケイはソフトバンクだったが異常なく使えていた。帰宅してニュースで知るが午後から18時過ぎまで不通だったようで宅急便のドライバーさんが連絡できない、飛行機に遅れが出たりで大変だったよう。さて、秋田料理「男鹿半島」は毎日秋田から食材を空輸しているそうでキリタンポは自ら作ったものだと言う。いきなりトコブシと山芋、刺身も絶品、白子・・・と、そしてキリタンポ鍋。店内の提灯を見ると小川先生の出身の能代には小川商店(ご実家の和服屋さん)と法政大学と出ている。集まったメンバーも素晴らしいが料理も堪能する。ビールはキリンだったが(特別に調達?)、料理が日本酒に合うものばかりで高清水の燗酒、更には冷酒と楽しむ。3時間があっという間に過ぎてしまう。

Runaway Bride」(写真は園芸ガイド公式サイトから)

松島義幸 * - * 23:49 * comments(0) * trackbacks(0)

オランダ在住対馬さん来訪

  昨日で全国生産地を廻る日持ちセミナーも終了して一段落。勿論月半ばまでスケジュールはぎっしりだが、年内の出張は12月14日〜15日の沖縄だけで少し落ち着いて仕事ができる。年末年始の9連休(29〜6日)を楽しみにラストスパートで仕事を片付けよう・・・と思うがもう若くはないのにとも自嘲の念に駆られる。ただここで仕事の借金を返しておかないと後が厳しくなってしまう。

 

 山手線の新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」と決まったとのこと。今風なのだろうけど私にはスッキリ来ない。「高輪」で良いのにと思う。似た駅名と間違えると言うが、小金井だって武蔵小金井、花小金井、新小金井・・・とかある。恐らく高輪と決まれば、自然とJR高輪と呼ばれて区別されたのではと思う。それより「芝浜」が江戸の匂いもするし、地理的にも歴史的にも一番相応しいような気がするが、これは落語好きの贔屓目か。

 

 10時オランダ在住の対馬さんが来られる。毎月MPSニュースで最新のオランダ情報を寄稿してくれている。対馬さんはMPSジャパン佐瀬さんの千葉大学園芸学部の1年後輩。オランダには1986年に当時在籍していた種苗会社の駐在として赴任したのが最初だそう。以後行ったり来たりで、今はオランダ在住で花き、植物全般でフリーで幅広く活動されている。対馬さんは元々はブリーダー。育種の話から欧州の環境保全への厳しい対応など何を聞かせてもらっても面白くあっという間に時間がたってしまう。お話を聞いている中で2001年当時キリンの傘下だったオランダHiljo(ヒルヨ)社(花き卸会社)にいらしたことがあるそうで、入社してすぐキリンがヒルヨ社を売却してしまって日本との取引がなくなってしまってご迷惑をかけたよう。売却したのは私で奇遇にびっくり。

松島義幸 * - * 22:45 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ