<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

杭州 日本花きフェア

 東京は今日も30℃位か。蒸し暑い。午前中は書類を片付けたり銀行に行ったりであっという間に終わってしまう。午後には杭州から一時帰国中の西村さん(杭州伝化科技城有限公司首席科学家、ECASジャパン社長)が来られる。今日の会議の準備打合せ。

 

a1 15時から「日本花きフェアin杭州2016」の開催準備会議。日本花き輸出協議会の皆さん(東日本板橋花き:樋口氏、世田谷花き:深川氏、東京フラワーポート:小塚氏、JF鶴見花き:平田氏)、JF兵庫県生花吉田氏、杭州 西村さん、JFMA野口さんのいつものメンバーに加えて「花Jun」野田代表、「フローラ花よし」中丸社長が参加。野田さんと中丸さんには現地での装飾展示ブライダルの飾付けなどをお願いする。本プロジェクトは日本花き輸出拡大協議会(農水省)のご支援を頂いている。

 

 杭州の日本花きフェアは、杭州伝化科技服務有限公司が中国杭州粛山区に昨年10月オープンした農業科学新技術展示場(テクノパーク 15ha)で11月17日(水)〜20日(日)に開催する。主催は杭州伝化科技服務有限公司(中国伝化集団)とJFMA。JFMAは伝化社とテクノパークに中日園芸技術マーケティングセンターを設立して、日本の花き輸出、園芸産業の中国進出や日本企業の中国での調達の窓口、或は中国市場の消費動向調査、中国市場へ進出する日本企業へのバックアップを目的としている。

 

 深川さんが詳細なレジメを用意してくれていて、日本花きの選定・調達、通関、冷蔵コンテナ積込、輸送など確認、現地のイベントの一つである婚礼装飾展示(実際のカップルの公開披露宴)の準備、デモンストレーション、ワークショップなど次々に決めていく。11月17日のオープンセレモニー・パーティの参加者、日本側VIPのスケジュール確認、ニュースリリース、通訳の準備など盛り沢山。会期中、樋口さんが日本花きの紹介、吉田さんが花き品質管理について講演する。私も予定ではマーケティングの話をすることになっている。

 

 私は17日のセレモニーの後に市場社長、青山フラワーマーケット井上社長などと共に上海に行き、井上さんと上海店舗視察をした後19日に新幹線で杭州に戻り、20日に帰国する。

 

 このメンバーの良いところはチームワークが良く決めるのが早い。参加していても気持ち好い。また良く呑む。今日もいつもの居酒屋「素材屋」、2次会は「嘉多蔵」とお決まりのコース。人間ドッグでお酒や塩気は少し抑えようと思っていたのが飲み始めるとどこかに飛んでしまう。反省。

松島義幸 * - * 23:49 * comments(0) * trackbacks(0)

フラワートライヤルジャパン2016秋

 6時過ぎフラワートライヤルジャパン(9月27日〜29日)の小淵沢の会場に向かう。昨日納車されたばかりのプリウス(ボデーの薄黄緑の色からバッタと呼ばれている)の運転で前のマークXとは勝手が違い最初は少し緊張するが、流石良くできていて直ぐに慣れる。

 

 9時前にM&Bフローラ会場(ミヨシ)に到着。この会場にMPSジャパンが小さなブースを出させてもらっている。MPS(花き産業総合認証)と日持ち品質管理認証取得(リレーフレッシュネス)への参加の呼びかけだ。既に昨日からブースの準備をしている佐瀬さん(MPSジャパン)が来ている。MPSパンフレット、認証の流れの看板、店頭でのMPSフェアの様子の看板をディスプレー。日持ちもパンフレット、ガンドブック、マニュアルや認証の流れの看板を展示。

 

 10時からは佐瀬さんがMPSのチェックの一環で植物の葉の採取に出てしまうので13時まで私一人がブースを守る。会場は海抜800m。涼しいはずなのだが、ハウスの中にいると結構暑い。しかも椅子はなく立ちっぱなし。こんな時に年齢を出すのは卑怯だが、やはり腰痛の69歳には堪える。それでもお客さんが次々と来ればよいのだけど、元々苗物や鉢物のフェアだから来られるのは生産者、ホームセンターや園芸店、資材会社が中心。生産者さんの折角説明しても「生き残るので精いっぱいでそれどころでない」と言われてしまう。だからこそ・・・と言いたいのだが噛み合っていないので止める。例年は見て回るだけだったが、僅か4時間でもブースに立って良かった。旧知の方と厳しい話ばかりだが情報交換できたのも収穫。佐瀬さんが戻ってきたときには、もう腰が痛くなっていたので正直ほっとする。下記写真の4枚目はオムツでケーキのようにロールを作って、真ん中にMPSの花、ガーベラとカスミソウを飾った出産祝い用の花のアレンジ。女性の感覚でしかできないディスプレー。

a1a2a3a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミヨシ会場にはB&Bフローラの他にハルディン、角田ナーセリー、時田種苗などが出展してそれぞれ新種や戦略品種を展示している。キリン時代に花き事業で一緒した時田種苗さんは花はなくトマトなどの野菜苗の出展で少し寂しかった。

a5a6a7a8a9a10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13時から他の会場を少し見ることにする。途中昼食を済ませて茅野市民館の会場に行く。メイン会場だから覗きたかったが、駐車場が満車。暫く待ってみたが他も含めて駐車できそうもないので諦める。次にゲブラナガトヨ会場に向かう。こちらは以前に行ったことがあるのに道が分からない。ナビに出てこない。それでも何とかたどり着く。屋台の店が出ていて楽しい会場だ。

a1a2a3a4a5a6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はサントリーフラワーズの会場(ネオオリエンタルリゾート)にお邪魔する。ここはサントリーさん商品だけの展示会場。花だけでんはなくトマトやナスなど野菜(サントリー本気野菜)にも力を入れられていて大きなスペースを取っている。ナスの味覚マップにはびっくり。森本社長がいらしてご挨拶させてもらう。ムーンダストから新商品サンク・エールなど流石に展示も洗練されている。

a1a2a3a4a5a6a7a8a9a10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a1 茅野のメイン会場、サカタのタネ、ハクサングループ、タキイ・京成バラ園の会場など見ないでフラワートライヤルジャパンを見たことにならないが、疲れてしまって帰京の途に就く。20時帰宅。400キロ余走行今日1日天候に恵まれ八ヶ岳の雄姿も久し振りに観ることができた。

松島義幸 * - * 22:58 * comments(0) * trackbacks(0)

人間ドッグ

 今日はお休みをもらって人間ドッグに行く。実に8年振りとなる。ネットで調べて恵比寿のクリニックを選んだのは近いからで適当だ。申込んだのは人間ドッグ+脳ドッグ+全癌検査のコース。JR恵比寿駅東口から数分で9時過ぎに到着。昔と違うのはバリウムを飲まされる検査の代りに胃カメラの検査だった。胃カメラというと苦しいのかと思ったら、喉に麻酔をかけてくれて楽だった。結果は後から通知となるが、分かったところでは血圧が88〜148と高かった。塩を舐めながら日本酒など飲んでいるからだろう。第一塩気など今迄制限したことがない。流石にこれからは少し注意しよう。歳の若い私の娘さえ塩気の強いものは嫌がる。後はあちこち脂肪が溜まっているよう。散々な結果が来そうで怖い。数値で見えたものはガンマーGTP値が42だった。これだけ毎日お酒を飲んでいても肝機能だけが大丈夫そうだ。問診では、全体に心配はいらないが毎日20分は歩きなさいと。20分で良いそう。これは自分でも今のままの全く体を動かさないのは良くないと思っていたので何か考えようと思う。

 

 14時前には帰宅。15時過ぎマンションの消防検査を受けて、16時半からは車を買い替えたので納車。トヨタのマークXを同じ色(ダークブルー)で買い替えて2台乗り継いだが、今回はひと回り小さい車に代えてプリウスとした。マークXはゆったりと乗り心地が良く気に入っていたが、安全装置と燃費に魅かれて買い換えた。今回は3年弱で10500kmしか乗っていなかったのでもったいない気もしたが・・・。

 

a3 私の選んだ色は黄緑(サーモテクトライムグリーン)で明るい色をと思ったのだが、これが周りから不評。「バッタ色」だとか、「センスが悪いどころか宇宙人のセンスだ」と散々。私は自信満々で選んだのだが、感性の問題だから何と言われようと仕方ない。今日納車と一緒に小さなアレンジメントをもらった。上馬のトヨタはなかなか味なことをやる。3年前に買い替えた時は津軽のガラスの花瓶だった。明日のフラワートライヤルジャパンはこの”バッタ”で行くことにしよう。

a1a2

松島義幸 * - * 22:53 * comments(0) * trackbacks(0)

散歩

 秋のお彼岸も今日で終わり。東京もやっと雨が上がる。陽も射してきて気温も28℃位まであがる。午前中は母訪問。塾が休みだと言うので久し振りに娘も同行。母への一番のプレゼントとなった。

 

a1 今日も午後は読書。ノンフクションを1冊読み終える。夕方、少しは体を動かそうと、いつもの渋谷をウロウロするのではなく、久し振りに駒沢公園に散歩する。何のイベントもやっていなかったが、周回コースをジョギングする人や陸上競技場の周りなど若い人でいっぱい。50分位ぐるっと速足で歩いて家に戻る。ウォークマンでベートーヴェンの英雄を聴きながら歩く。フルトヴェングラーの指揮する所謂ウラニア盤という録音だが、いつ聴いても素晴らしい。もっとも少し歩いてカロリーを消費したつもりでも、夜の一番搾りと秋味が歩いて汗をかいた分美味しく呑めてしまって何にもならなかったが。

 

 今週は明日26日(月)がいよいよ人間ドッグ。8年前はデブ(体重)だけで、後は全てOKだったがどうなることやら。脳ドッグ、全ガン検査も行う。27日(火)は「フラワートライヤルジャパン2016秋」で小淵沢に行く。MPSジャパンがM&Bフローラさんの会場にブースを出させてもらっている。28日(水)は11月の杭州日本花きフェアの打合せ。杭州から西村さん(ECASジャパン社長)も一時帰国している。30日(金)はハウステンボスの世界フラワーガーデンショーのオープニングパーティーに出席する。今週は事務所にいるのが28日と29日だけとなる。

松島義幸 * - * 23:13 * comments(0) * trackbacks(0)

10月のイブニングセミナー

 東京は1日雨。近所に買い物に出た以外は家に籠って読書三昧の静かな1日。音楽は、ワルターとニューヨークフィルのブラームスの交響曲を聴く。モノラルの古い録音だが音は綺麗。ラトル/ベルリンフィルとかの新しいCDも持っていても古い録音に魅かれる。

 

 9月のJFMAイブニングセミナーは、小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)のご都合でお休みとなったしまった。10月のイブニングセミナーのお知らせです。いつもの第2火曜日ではなく第3火曜日の開催です。開催場所はJFMA事務所近くの「みなみ」。市ヶ谷駅から日本テレビ通りを麹町方面に歩いて5、6分です。

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2016/09/20161018_evening.pdf

 

■10月のJFMAイブニングセミナーのお知らせ          
 *日時   10月18日(火)18時30分〜21時                          
 *場所   旬処「みなみ」
          東京都千代田区六番町3番地 テシコ六番町ビル中2階       
          TEL 03−5213−3663
 *会費   @5,000円
 *申込   JFMA事務局 宿泊が必要な方も下記まで。
         TEL:03−3238−2700 FAX:03−3238−2701
         Mail:info@jfma.net                                                       
   

松島義幸 * - * 23:05 * comments(0) * trackbacks(0)

IFEXセミナー

 東京は今日も曇り空に時々雨。涼しくジャケットにネクタイ。MPSチーム(二人ですが)は来週の「フラワートライヤル2016秋」(9月27日〜29日)の準備。ポスターや看板、ちょっとしたディスプレーを準備。私は9月27日にブースにいる予定にしている。

 

 11時にMPS−ABCのデータを解析して頂いているH氏にいらしてもらって打合せ。MPSニュースで農薬の話の連載をして頂いてきたが、MPSのデータを分析していろいろ興味ある結果を出して頂いている。今後の進め方、発表の仕方(MPSニュースなど)を打合せする。

 

 15時ある学校法人のトップがお見えになる。私にカルキュラムの評価委員就任の依頼。私は学識経験者などという偉そうなものではないが、お役に立てるならとお受けする。JFMAで進めているフラワービジネス講座の紹介をしたら高く評価してくれて、ある部分で生徒さんをこちらに送りたいとも言われる。

 

 16時インパック守重社長が来られる。IFEX2016の専門セミナーでは「品質管理が、花の売上拡大に直結する〜消費者に選ばれるための新たな品質管理」(F−7)のテーマで守重社長と一緒に講演する。産地から店頭までの花きの品質管理をコンサルティングするフラワーウォッチジャパンをオランダからライセンスを得て立ち上げられたインパック社。守重社長にフラワーウォッチ社の品質管理の一端を紹介してもらうと共にMPSジャパンが進めている日持ち品質管理の見える化(リレーフレッシュネス)も含めてお話する。時間配分なども含めて打合せ。最終日の午後のセミナー、一番人が来ない時間帯だが。

 

 夜はそのまま麻布十番の和食のお店で会食。インパック社富井さんも加わってとなると小学校の同級会となる。和歌山の料理を出す店で全てにこだわりの店。お醤油まで「濁り醤(ひしお)」とかで750年の伝統の品だと言う。最近は居酒屋ばかりの私としては昔の別世界に入ったよう。「黒牛」と言う和歌山のお酒を美味しい料理と共に楽しむ。最後は鰻の櫃まぶし。お腹いっぱい。またもやメタボ街道まっしぐら・・・。

松島義幸 * - * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0)

秋分の日

 秋分の日。午後まで雨。時折強く降る。午後は車を使わないと決め込んで昼の中華料理屋さんで一番搾りを1杯だけ。午後行きつけの床屋さんがやっていたのでむさ苦しい髪を切る。昨日の座談会で写真を撮られて、自分の髪の横と後ろが伸び過ぎていることを知る。普段前からしか見ていないので見苦しいのが気が付かなかった。中身はともかく頭はさっぱりで気持ち好い。

 

a1 今日は秋のお彼岸の中日。我が家の仏壇の17日に購入した花は廃棄。キクならもう少し日持ちして欲しいところだが。同じ日に買った小さなバラは玄関、トイレ(写真)などまだ頑張っている。11日に購入したディスパットマムは今日まで楽しませてもらった。こちらは大満足だ。仏壇に花を切らすわけにはいかないので今日は三軒茶屋の花屋さんに買いに出る。当たり前だが、どこもお彼岸の花として束で売っている。普段の仏花より少し高い。ある店ではプリザーブドフラワーのお彼岸の花が並んでいてびっくり。「いつまでも持ちます」とあるが仏様に上げる花はインテリアと違うだろうと言いたくなるが。需要があるので売っているのだろうけど。もっともお墓に上げる花が造花というのも最近は増えてきているだから驚くことはないのかもしれない。ご先祖様に花を手向けると言う意味ではやはりしっくりこない。

 

 今日のような日にはやはりシューベルトか。ピアノソナタ「幻想」(D.894)をJ.ピリスの演奏のCDで聴く。

松島義幸 * - * 23:37 * comments(0) * trackbacks(0)

MPSジャパン10周年記念座談会

 時々小雨が降る涼しい1日。今日は午後対談があるので久し振りにMPSのネクタイを締める。やはりYシャツにネクタイをピシッと締めた方が気持ちも引き締まる。午前中から会計事務所、青山フラワーマーケットの水野さんがいらしてくれたりで大忙し。会社の携帯を家に忘れて、娘に届けてもらう。ネットに昔の野村ビル(現在いるビルの隣)が出てきたそうで、たどり着くのが大変だったとオーバーに言う。お茶を奢れと言うのでビルの1階のドトールでミルクティとお菓子を付き合う。

 

a1 14時よりパークコーポレーション(青山フラワーマーケット)本社6F会議室でグリーン情報に掲載する「MPSジャパン10周年」をテーマに座談会を行った。大西社長(セントラルローズ)、福永社長(豊明花き)、井上社長(青山フラワーマーケット)の皆さんと進行は私。グリーン情報の山川代表が録音機とカメラを持って立ち会う。対談の進行表を作っていたが、それに関係なく皆さんがどんどん話してくれるので進行係としては役立たず。山川さんが後でまとめるのが大変だろう。

 大西さんはMPSがヨーロッパでスタートした頃から知っていて、生産者としてルールに則って安心安全なものをお客様のお届けすると言うことでいち早くMPSに参加したと。

 福永さんは、品質マニュアルを作り、MPSの不断に業務改善していくシステムの中で定期的にチェックを受ける健康診断のような物と言われる。福永さんはMPSを人間ドッグだと最初に言われて、以来私もMPSの説明で使わせてもらっている。

 井上さんは最近の極端な気候は地球温暖化の影響がある。花きにもMPSという環境認証があると言うことで応援している。本来なら仕入は全てMPSの花としたいのだが、参加者が少ないので年間で取引する生産者さんにMPSを条件にお願いしている。少なくともフェアをやるような花きについてはMPS参加のものを使っていきたいと思っていると言われる。その他いろいろ耳の痛いことも含めて提案を頂く。

 

 夜は三田の中華料理屋に向かう。上海稲門会の定例会で今日は上海三田会(慶応大学のOB会)の合同の会。上海で仕事や留学した人のOB会(正式?には上海稲門会東京支部)で私は久し振りの参加だ。上海伊勢丹、上海アサツーDKなど一緒に仕事した懐かしい仲間や最近留学して帰ってきた学生までいる。職種も年代もバラバラで面白い。ヨハネスブルグ(南アフリカ)に駐在していて一時帰国中で参加などと言う人までいる。一番搾り、芋焼酎お湯割り、紹興酒と少々呑み過ぎる。21時半お開き。早慶合同は次回は12月で忘年会となる。

松島義幸 * - * 23:06 * comments(0) * trackbacks(0)

このお店のお客様はどんな人?

涼しい1日。久し振りに長袖のシャツで出勤。台風16号の接近。東京には、速度が速まって21時頃に最接近との台風情報だったが、風は吹かず、大雨とはならなかった。台風の勢力が弱まったのと進路が東に逸れたのだろう。

 

a1 今日は13時半からJFMAフラワービジネス講座中級△如恒例のオリエンテーションは、私からで先週終了したリレーフレッシュネスフェアの活動状況を報告。14時からの講義は、今回は講師に小川典子さん(花の国日本協議会フラワーシーンプロデューサー)。「お花屋さんに役立つマーケティング」と「小さなブランドを目指そう」でそれぞれ1時間半。マーケティングとは何?から始まって基礎的なことから演習を交えてマーケティングの実践の理解を深める。

 

a2 例えば、「この店のお客様はどんな人?」で受講生を2班に分けて、青山フラワーマーケット二子玉川ライズ店(二子玉川駅改札正面)とニコライ・バーグマン表参道店(カフェ併設の路面店)のお客様のライフスタイルを考える。表参道は月刊誌「BAILA」と「GINZA」、二子玉は「VERY」と「美ST」の雑誌を切り抜いてプロフィール、ファッション、価値観などのイメージをまとめる。

 

次回は10月4日(火)で小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)によるフィールド調査。JFMA講座の中でもユニークな講座。

 

15時からはJFMA中長期プロジェクト。三好リーダー(ミヨシ)、樋口サブリーダー(東日本板橋花き)、深川さん(世田谷花き)、松村さん(自由が丘フラワーズ)、松本さん(日比谷花壇)が集まってくれる。今日は主にJFMAのSWOT分析を完成させる。こちらは事務局野口さんにお任せする。予定では夜は情報交換会だったが、台風接近で取り止め。三好リーダーは特急が運休で東京の泊まられる。ならば有志でとお天気の様子を見ながら市ヶ谷駅近くの居酒屋へ。一番搾りの後は高知の「酔鯨」を呑む。20時過ぎには解散。

松島義幸 * - * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0)

敬老の日 神戸のお店のリレーフレッシュネスフェア

 東京は小雨ながら1日雨。鹿児島は台風16号の暴風域に入って、明日未明には上陸。予報によると今週は台風が日本列島を縦断のようだ。今日は、敬老の日、秋のお彼岸の入り。私の敬老の日は、娘の「まだ若いじゃん・・・」で終わってしまう。十分年寄りだけど、気持ちだけでも若々しくしていこうと言うことで受け止めよう。

 

 今日は1日読書三昧。というより今読んでいるのが面白くてやめられない。1日家に居るのもと午後渋谷に出る。久し振りにタワーレコードに行ったらクラシック売場は工事中で開いていない。明日発売日のレコード芸術10月号のみ購入。レコファン(中古レコード屋)にも寄ってみて、アンスネスの弾くシューベルトのピアノソナタ第17番を見つけたが、新譜で3千円位のものが5400円の価格。ちょっと迷ったが、いくらなんでも高い。結局何も買わずに帰宅。

 

 今週は3日しかない。明日20日(火)はJFMA中長期計画プロジェクトの2回目。JFMAフラワービジネス講座もある。私はビジネス講座を担当して、プロジェクトはJFMA事務局野口さんが出ることにする。ビジネス講座は小川典子さん(花の国日本協議会、フラワーシーンプロデューサー)の登場で「お花屋さんに役立つマーケティング」と「小さなブランドを目指そう」の2テーマ。21日は、「グリーン情報」の企画で「MPS10周年」をテーマにセントラルローズ大西社長、豊明花き福永社長、青山フラワーマーケット井上社長と対談する。

 

 JF兵庫県生花の吉田さんから神戸の「フラネシス」さんのリレーフレッシュネスフェアの様子をメールで頂いた。リレーフレッシュネスフェアだけでなく日持ち保証販売も始められている。ウィークエンドフラワーにも取り組まれている。お客様の多いお店だそうでリレーフレッシュネスやウィークエンドフラワーのアピールになったのだろう。日持ち保証販売の大きなノボリは兵庫県生花さんが造ったのだろうか。

a1a1a2a3a4a5

Check
松島義幸 * - * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ