<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

今日も出勤!

 今日も出勤。今週も毎日1分の狂いもなく6時13分に警備室から鍵を受け取り5階の事務所に入室。緊急事態宣言が出て通勤の電車は更に空いてきた。帰宅の22時過ぎの電車内は長シートに1〜2名が座っているだけ。普通ならこの時間は遅い時間のピークのように酔客などで混雑しているのだが。テレワークと夜の外出自粛が徹底されてきている証しだろう。ここのところ仕事で止む無く事務所に出るのに罪悪感を感じるのと、周りからもコロナ禍への自覚が足りないと見られているようで情けない。

 

 やることはやらなくてはならないので今日もひたすら令和元年度の農水省事業の報告書作りに励む。昨日のブログでも愚痴をこぼしてしまったが、農水省提出期限4月10日が迫っているのになかなか終わらない。小川先生(法政大学経営大学院教授、JFMA会長)によると文科省の報告書提出期限は延長されているそう。一つ言えるのは私の事務能力が落ちたなあと思う。エクセル表ひとつでも自分の作った数式が可笑しいのか数字が合わない。間違いを見つけるのに無駄な時間をかけてしまう。情けない。普段如何に周りの人に助けられているかを思い知らされる。まあ、あと2日、頑張るしかない・・・。

 

 今日もいろいろな人から電話を頂く。元々需要の少ない時期だが、いよいよ花の相場が落ちているよう。家の花飾りで売上を増やしている店、ネット・通信販売の好調もあるだろうが、全体としては売上大幅ダウンのよう。好調だった花店も商業施設内にあることで臨時休業を余儀なくされている。モノはできてくるのだから需給のバランスが崩れてしまう。輸入花きが止まってきているが、元々国産花きとターゲットが違う。母の日を前にして不安要因ばかりだ。

 

 帰宅してニュースを見ると、銀座、新宿、渋谷など歓楽街も見事に人がいない。緊急事態宣言での自粛要請が効いているよう。東京都は新たなコロナウィルス感染者が144人とまた最高値を更新。感染経路不明者の割合が増えているところが怖い。私のような年寄りが外に出たらいけないのに1日長時間(14.5時間)労働をしている。帰宅して検温してみると36.3℃。パソコン相手で目は霞むが体は正常だ。娘の命じてネットでマスクを購入。スーパーやドラッグストアではマスクはないがネットでは買えるよう。

松島義幸 * - * 23:43 * comments(0) * -

東京に緊急事態宣言!

 遂に新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいて緊急事態宣言が東京など7府県に発令された。期間は5月6日までの1か月間。罰則はないが、より強い自粛や自宅待機などが求められる。また、同時に最大限の経済対策、救済措置が発表された。我事務所は既に3月27日から在宅勤務を実施中。ただ私が事務所に一人出ることを余儀なくされている。令和元年度の農水省の事業の報告書の提出が今週10日の為だ。税金の確定申告でも1ヵ月期限を延ばしたくらいなのに、報告のの期限をなぜ少し伸ばしてくれないのかと強く思うが・・・。仕方なしに危険を承知で出勤している。更には令和2年度の実施計画を4月21日期限で提出と言われている。これは在宅でも出来るが、本来は関係者と打合せをして進めるものだと思う。コロナ禍でスタートも遅くなるのだから提出期限も連休明けでもいいと思うが、良く分からない。愚痴で申し訳ない。今日も朝6時過ぎから21時半まで。コロナがなくても体を壊さないようにしないとと緊張する。朝晩の検温は続けている。

 

 パリ在住のJFMA会員の荒井好子さんからパリの様子のメールを頂く。パリの外出禁止の様子を伝えてくれている。引用すると「フランスの外出禁止令は厳格で,国が発行した紙面に名前,住所,外出時間帯,目的を書いて持参して外出します。警察のコントロールで書類がないと罰金です。すべてがストップしたフランスです。子供たちから大学生までコンピューター授業がおこなわれています。・・・」だそうです。海外では外出したら罰金とか厳しい罰則規定を設けているものが多いよう。緊急事態宣言もある意味日本的なのだと思う。こういう形ならもっと早く出してもと思うが、政府としては補償の問題とか経済をどうしていくのかも同時に発表としたかったのだろう。とても真面目だ。

 

 最近新聞の折り込みチラシが薄くなった。週末などは新聞本体よりボリュームがあったりしたが、気が付くとパラパラとなってしまっている。それもファミリーレストランで宅配を始めたとか、塾募集(これはいいのかな?)、健康食品など。外出自粛なのだから売り込みようがない。

 

 今日お昼を食べに毎月のように使っていた居酒屋さん(広いので安全かと思って)に久し振りに行った。レジの時に恐らく明日からお店が閉まってしまうとお世話になっているマネージャーさんから言われる。今は夜は勿論行かないがお昼もなくなってしまうのかと。

松島義幸 * - * 23:40 * comments(0) * -

新小学生が就きたい職業

 今日は本来なら小中学校の始業式だが、中止或は通常と違った形での式となるのだろう。実際に新学期が始まるのは大学を含めて連休明けとなる。東京都のコロナウィルスの新たな感染者は83人で相変わらず高いレベル。問題は88%が感染経路不明なこと。政府は緊急事態宣言を明日にでも出すよう。事務所は今週も在宅勤務だが、私は出勤。令和元年度農水省事業の報告書のまとめ(期限:10日)で仕方ない。コロナ禍と言う予期せぬ緊急事態が起こっているのだから1カ月位期限延長してくれたらいいのだが。

 

a1 何日か前の日経にクラレが今春入学する新1年生に「将来就きたい職業」を聞いたアンケート調査結果を発表している。何と女の子に聞いた職業では「花屋」が頑張っていて4位に入っている。クラレの調査が始まった2000年には2位、10年前の2010年にも2位、昨年3位となっている。同じようなアンケートで、第一生命の「小学生1000人に聞きました。」というのがあるが、こちらは1998年以前は「お花屋さん」が3位以内に入ったりしていたが、最近は圏外に落ちている。こういう調査は聞き方にもよるのだろうけど、このクラレの調査でのお花屋さん人気は嬉しい。なお、1位はこの調査が始まって以来不動で「ケーキ屋・パン屋」。今年は2位が「芸能人・歌手・モデル」で3位が「看護師」。もっとも親の「就かせたい職業」も聞いているが、こちらは1位看護師、2位公務員、3位薬剤師、4位医師、・・・で「ケーキ屋・パン屋」は7位に後退。現実的な希望が見えてくる。親の希望では「花屋」は調査が始まって以来ベスト10に登場しない。まあ、小学校1年生が花屋さんを上位に上げているのは嬉しい。

 

 コープデリ「ヴィ・ナチュール」の4月第2回、3回のMPSの花は、ハルディンさんの「花鉢・ハーブセット(アップルミント、レモンタイム、ローズマリー)」、花里夢の「花鉢・ペチュニア(バニラ)」です。

a1a2

松島義幸 * - * 23:29 * comments(0) * -

いつまで続く・・・。

 東京の新型コロナウィルス感染者は143人となり連日過去最高を記録。問題なのは90人以上の感染源が特定できないことと若い人の感染割合が増えていること。小池知事が政府に要望しているように、非常事態宣言がいつ出てもおかしくない事態となってきている。東京は、オーバーシュート(2日間で倍増)とはいかないまでも指数関数的に感染者が急増してきて大変な状況となっている。

 

 今週も事務所をテレワークとしているが、間違いなく連休明けまで在宅を続けざるを得ないだろう。何とか5月の連休中位には、中国のように収拾の方向性が見えればよいのだが、予断を許さない状況だ。感染者数、死者数で中国を超えて世界一の米国のトランプ政権新型コロナウィルス対策チームは、米国の死者数が10〜24万人に達する恐れがあると発表していて、トランプ大統領は何も対策を取らなければ死者が150〜220万人になると言う推計もあると警告している。1918〜21年のスペイン風邪(今で言うインフルエンザ)では、世界の感染者5億人(当時世界人口18〜20億人)、推定死亡者数1700万人〜1億人と言われている。日本では2300万人(当時人口5500万人)が感染して45万人が死亡。スペイン風邪は毎年冬季に感染者、死亡者が出た。コロナ禍も皆が抗体を持つまでは収まらずに長期戦を覚悟する必要があると言う恐ろしい見解を示す専門家もいる。

 

 今日も1日蟄居。駒沢公園に散歩でも出ようと思ったが気が向かない。ビタミン剤がなくなったので、家の近く(徒歩3分)のスーパーに行ったら店が閉まっている。告知を見ると、従業員にコロナ感染者が出たとのことで無期限で閉鎖するとのこと。このスーパーには2日前に行っている。危険が身近に迫ってきているのをひしひしと感じる。

 

 私はマスクは今までしてこなかった。コロナウィルスの大きさは桁違いに小さく、マスクなど素通ししてしまうからで意味ないとしていたが、今は自分が感染者で単に症状が出ないだけと言う可能性がゼロとは言えない以上は着用すべきに変わった。今更で最初からそうしろよと突っ込まれそうだが・・・。別に影響を受けたわけではないが、アメリカも無症状でもマスク着用推奨に転換している。

松島義幸 * - * 22:32 * comments(0) * -

我家の家飾り

 今日は暖かく外出日和だったが、自粛要請を受けてお花屋さんに行った以外は1日家に籠る。外出自粛は食料品、生活必需品を除いてとあるが、花は仏花を含めて私にとっては生活必需品だ。普段事務所に出ていると5〜6千歩は歩いているが(昨日は8600歩)、今日は1900歩。明日は散歩しなくては。

 

 東京都の新型コロナ感染者数はまた過去最大で118人新たに確認され、そのうち81人が感染経路不明とのこと。この完成経路不明が増えているのは不気味でオーバーシュートにつながる可能性を秘めていて怖い。

 

 新型コロナウィルスの感染拡大で国家、都市の封鎖、工場の操業停止が広がっている中で地球温暖化ガスの排出が急減しているよう。中国やインドで「空が青い」と言うSNSの投稿も相次いでいる。勿論、人の動きが規制され生産活動が出来ない中での削減は一時的なものであり、喜ぶべきものでもないが、経済活動が地球温暖化の要因であることが明確になったと記事(日経、米航空宇宙局)は伝えている。もっともコロナ禍で第26回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP26)は延期なっている。

 

 今日は仕事はお休み。音楽は久し振りにクルト・ザンデルリング/ベルリン交響楽団の演奏でブラームスの交響曲第1番を聴く。冒頭から低弦の分厚い響きでゆったりとしたテンポで進む。ブラームスの響きを堪能する。ブラームスの1番はフルトヴェングラー、ベイヌム、トスカニーニとそれぞれ個性的で好きだが、このザンデルリングも好い(名盤と言われているものだが)。シューリヒト/シュトットガルト響の20枚組のCDは今日最後のCD、何と最後の2枚はマーラーの交響曲第2番「復活」。これも長い間かかったが、シューリヒトの世界を楽しませてもらった。音楽の話ですみません。もっともこのブログの名称をクロスオーバーとした位ですので音楽の話題は許されているのですが・・・。

 

a1 玄関はシャンペトル風(のつもり)に飾ってみた。ベースはロンドンに行った時にホームセンターで購入したもの。どちらも2£位で安かったと記憶している。

 

 

 

 

a2 テーブルの上は小さな花瓶に生ける。花を飾るとテーブルの上を綺麗に片付けるので好い。花材代は上の写真と合わせて1700円位で安い。いずれも青フラさん。

 

 

 

松島義幸 * - * 23:29 * comments(0) * -

在宅勤務継続

 事務所は在宅勤務中だが、結局私はネクタイを締めてのフル出勤。いうなれば留守番役だ。律儀にも毎朝ぴったり6時13分に鍵を受け取っての毎日。ネクタイは必要ないが、その方が仕事へのリズムが出る。朝の音楽は今週はほぼ毎日モーツアルトのピアノ協奏曲17番、18番のカップリングのCDを繰り返し聞く。きっと将来この17番コンチェルトを聴くとコロナ禍の毎日を想い出すことになるかもしれない。東日本大震災の時に繰り返し聴いたのは、ウェーベルンの「弦楽四重奏のためのラングザマー・ザッツ(緩徐楽章)」と言う10分弱の曲。是非ネットで聞いてみて下さい。

 

 今週は来られたお客さんはゼロ。夜の会食も勿論なし。仕事は誰にも邪魔されずに捗らなければいけないのだけど、私の場合家でやるよりは効率的とはいえあまり進んでいない。いつもの時間に追われる緊張感の中の方が鈍った頭もフル回転するのかとも思ってしまう。今週で面白いのは、いろいろな人との電話。お互いに時間があるせいか長電話をしてしまう。20、30分になることもしばしば。このゆったりしたコミュニケーションは嬉しい。

 

 新型コロナ感染者数は全国で312人と最高値となり、東京も89人と高いレベルが続く。緊急事態宣言一歩手前で留まっている状況だそう。もっとも日本では宣言が出ても違反に対する罰金とかまでの強制力はない。例えばイタリアでは外出禁止令に違反すると罰金(日本円で35万円)が科せられるのだそう。日本は罰則がなくても真面目で協調的な国民性で行けると思うが。今週末も東京の主要なデパートなどの商業施設は臨時休業。飲食チェーン店などの一斉休業も広がっている。大学の新学期はほぼ連休明けとなったよう。大学生(薬学)の娘を見ると大学には入れず、朝夕の検温をして大学に報告するのだそう。もっぱらスマホ相手で気の毒だが仕方ない。我事務所も来週も在宅勤務を継続することとする。私も毎日検温しているが36℃前後で推移していて体はお陰様で絶好調。

 

 夜いつも行く二子玉川駅前の寿司屋さんに行った時に駅改札前の青山フラワーマーケットを覗くと7、8人のお客さん。「おうちでお花見」と告知していたが売れているよう。食事後にも見るとお客さんが入っている。帰途駒沢大学駅近くのスーパーに寄ったが。レジの長蛇の列に驚く。10メートルくらいの列だが初めての経験だ。キリン時代の仲間からメールをもらったが、3月は生ビールは半減だが缶ビールは絶好調で前年比大幅増で良く売れているのだそう。

a2a3

 

松島義幸 * - * 22:54 * comments(0) * -

ミヨシ デルフィニウム新品種 「フロロセレクト」金メダル受賞!

 今日も出勤。東京都の新たな新型コロナ感染者数は97人で1日の感謝者数の最多を更新。永寿総合病院に加えて、その感染者を受け入れた慶応病院でも新たなクラスターとなってしまったことが判明。全国でも274人の新たな感染者が確認され日本の感染者数は2769人となった。オーバーシュートとまではいかないものの予断を許さない状況は続く。

 

a1 今日の東京は20℃近くまで気温が上がり春爛漫。ただ朝晩は時々強い北風も吹いてスプリングコートは手放せない。昼の食事も普段は混まない中にと12時前に出て行っていたが、今は人気店でも12時半頃でもゆったり入れる。靖国のお堀沿いの桜はもう終わりで葉桜が目立ってきている。事務所の裏手の東郷公園の桜はまだ見頃。公園内には1〜2人しか人がいない。

 

 今日の日本農業新聞に重いニュースの多い中でミヨシグループの育種したデルフィニウム「F1チアブルー」が欧州フロロセレクトでゴールドメダルを受賞したと言う明るいニュース。フロロセレクトと言えばアメリカのオールアメリカンセレクション(AAS)と共に最も権威ある育種の審査会。「F1チアブルー」はミヨシグループの創業70周年記念の新品種でもあるそう。早速ミヨシ三好社長にお祝いの電話をさせてもらう。三好社長はJFMAの副会長でもあり、また、MPS:花き産業総合認証にもいち早くグループで取組まれている。もう”勝手に”仲間内に思えて嬉しくなる。

a1

 下記は三好アグリテックのホームページからデルフィニウム「F1チアブルー」とフロロセレクト。

https://www.miyoshi-agri.co.jp/?news=%E5%89%B5%E6%A5%AD70%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%8Cf1%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%82%AF

松島義幸 * - * 22:46 * comments(0) * -

新年度の幕開け

 4月1日。コロナ禍の大変な中で新年度を迎える。ニュースで入社式の様子を伝えているが、参加者の距離を取ったり、テレビでの社長挨拶だったりの異様な光景を伝えている。最初から在宅勤務の企業もあるだろう。そのワイドショーでキャスターやコメンテーターが間を大きく開けている。

 

 全国でもだが東京都は今日から東京都受動喫煙防止条例が全面施行。客席面積が100岼幣紊資本金5千万円以上の店が対象となり都内の45%の店が対象となる。基準を満たした喫煙専用室を作り、分煙が徹底出来れば喫煙は可能となるが、コロナ禍防止の観点からは密室での喫煙も難しいかもしれない。喫煙者には益々肩身が狭くなることだろう。

 

 新型コロナ感染者数は、世界で80万人を超え死者も3万8千人を超えた(米ジョンズ・ホプキンス大学、3月31日現在)。感染拡大を防ぐために世界で33億8千万人以上の人が政府による外出禁止措置の対象となっている。つまり世界人口の4割が自宅待機を迫られている。インドでは感染者や死亡者数(10人)と少ないが、栄養や衛生状態の悪い国民が多く、医療インフラも脆弱だとしてロックダウン(都市封鎖)、外出禁止レを発令した。13億人に外出禁止令とはすごい。

 

 少しホッとするニュースでは、今日から中国でのイオンモールが全土で営業再開する。春節から休業(食品スーパーは営業)していたから2か月半ぶりの再会となる。発生源となった武漢市の店も含む。中国では収拾していると言うことか。欧米の現状やコロナ禍は夏がピークとか、1〜2年の長期戦だとかの専門家の観方もあるので何とも言えないが。

 

 在宅勤務中の事務所で私は今日も出勤。2月27日に公募申請していた令和2年度次世代国産花き産業確立推進事業の選定結果を文書で受領承認内示を頂いたが申請額2/3の範囲内となっている。農水省からメールを頂いた時には承認額は書いていなかったので、ただただびっくり。実証事業や試験研究、セミナーのどこをカットしていくか検討していかなくてはならない。私たちの協議会の取組み項目(花き業界のインフラ整備で地味)にご理解頂けなかったのは残念だが、冷静に考えてみれば、このコロナ禍の中でやれないことも出てきそうだから見直す好い機会かもしれない。樋口会長(国産花き日持ち性向上推進協議会)に報告したら、顧客満足度調査(CS)は花き業界としては初めてだから是非実施しようとの言葉は嬉しかったが、お金もかかる・・・。いずれにしても大変な新年度の幕開けとなった。

松島義幸 * - * 23:08 * comments(0) * -

巻頭言 家庭需要を喚起!

 今日は年度末。いつも通りに出勤。朝の通勤電車は今日はまたガラガラ。電車に乗っている時間は14分だけど余裕で座れると得した気分だ。9割位の人がマスク着用。私は桁違いに小さなコロナウィルスはマスクを貫通してしまうのだから”予防には”無用と思っているが、周りに嫌がられるのでマスク着用。今日の事務所は私一人だけ。電話もほとんどなく静かな1日。もっとも何人かの方と電話で話すと長いと30分位になってしまう。6月に伸ばしていた台湾の周年記念も中止を決定。現状では当たり前だが、これで今年の海外渡航予定はゼロになる。

 

 朝6時過ぎに事務所に着くと先ずコーヒー(事務所に3種類置いているコーヒーで朝はアメリカン)を飲むのがルーチンなのだが、コーヒーの香りに1日のやる気が起きてくる。コロナウィルスに罹患すると嗅覚が可笑しくなるそうだからコーヒーの香りを楽しめるのは正常の印か。感染者数は全国で新たに200人を超え、東京も78人(昨日は13人)とまた記録更新。少なくとも来週も在宅勤務継続はやむを得ないだろう。農水省の報告(期限4月10日)など元々少ない人数で廻しているのに乗り切るのが大変だ。

 

 MPSニュース3月号の私の巻頭言を掲載します。写真は在宅勤務中に撮ったもの。

 

■MPSニュース3月20日号 巻頭言

           「今こそ花の効用、家庭需要を喚起!」

 

 中国発の新型コロナウィルスはイタリア、ヨーロパ全体、アメリカなど世界に広がりWHO(世界保健機関)が感染拡大をパンデミック(Pandemic感染症や伝染病の世界的流行)と宣言、イタリア、アメリカ、スペインなど15の国と地域で非常事態宣言が発令(3月15日現在)されている。日本政府は新型コロナウィルスを対象とした特別措置法の改正案を成立させているが、いろいろ批判もあったものの小、中、高校の一斉休校、春の選抜高校野球の中止、プロ野球開幕延期、コンサート、演劇、イベントなどの自粛要請などいち早く取り組んだことで一定の効果を上げて何とか感染拡大が踏みとどまっているとして非常事態宣言は出ていない。手洗いなど元々衛生意識が高い国民性も寄与しているものと思われる。お互いの国の渡航禁止などグローバル経済の分断が余儀なくされて、世界的株価下落など経済にもコロナショックとも言うべき影響が広がっている。4か月後に迫った東京オリンピック・パラリンピックも中止、延期の心配が出てきている。

 

 花業界は3月の花の最需要期を迎えての卒業式や結婚式といった式典の自粛・延期で消費減少、価格の下落が起こっている。こうした事態に農林水産省は花の活用を国民に広く呼びかけたいと「花いっぱいプロジェクト」を立上げ、JAグループ、各県では、ホワイトデーの花贈りや県産花き一人一束購入運動、購入した花きでのフラワーウォーク、テレビ局の番組内での飾りや視聴者プレゼント用に花を提供するなどそれぞれ花きの需要喚起に取組んでいる。

 

 ただ光明もあり、3月3日の雛祭りでは売上高が前年比2割伸びたとか、駅前や駅中の店では前年比2〜3割売上アップの店が何軒も報告されていて、在宅勤務や終業後真っ直ぐ帰宅する人たちが自宅用に購入しているのではと分析されている。大田花きでは「今年はおうちでお祝い&お花見!」と題したチラシを作成して掲示、買参人に発信、日比谷花壇さんは「♯うち花見」のキャンペーンで、家庭で気軽に花を飾り、その様子をインターネット交流サイトで広げようと言う試みをしている。青山フラワーマーケットでは「おうちでお花見」と言うPOPで家の花飾りを訴求している。店頭を見ると春いっぱいの旬の花、草花・枝物のお洒落なブーケなど魅力的。今こそ花の効用、素晴らしさをお客様に知ってもらうチャンスにしていければと思う。

松島義幸 * - * 22:58 * comments(0) * -

志村さんショック

 今日はいつも通りの電車で出勤。先週はガラガラだったのに今日はいつも通りで座れない。車両に立っている人は6、7人でコロナ禍的には人と人の間に十分な距離(ソーシャル・ディスタンスと言うそう。コロナ禍では次々と新しい言葉が出てくる!)は取れている。事務所は今週も在宅勤務としているが、必要に迫られて今日は3人が出勤。

 

 私は朝から準備して、三菱UFJ、みずほ銀行、麹町郵便局など廻って戻ったのは15時過ぎ。海外送金も市ヶ谷支店が麹町と合併してからテレビ画面ではなく窓口でやるようになってしまった。どこも混んでいたのは年度末だからか。年度内の振込はほぼ終了。デスクワークは余りできなかったが、明日は一人なので明日も出勤することにして18時半帰途に就く。スマホの万歩計を見ると8479歩。今日はあっちこっちに行って結構歩けて少しは運動になった。

 

 タレントの志村けんさんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去のニュースがネットで流れる。誰もが親しみを持っていた有名タレントの死は衝撃的なインパクトだ。コロナ感染から亡くなるまでが早い。ヘビースモーカーだったとか既往症との関係があるとしてもそのスピードに改めてコロナウィルスの恐ろしさが出ている。小池知事から夜の外出自粛要請。クラブ、カラオケ、ライブハウス、パチンコなど自粛どころか行くことが犯罪だろう。いずれもソーシャル・ディスタンスどころではない場所ばかりで”禁止”でもいいのではと思う。

 

a1 今月もJFMAニュース3月20日号(編集長:野口弥生)、MPSニュース3月20日号(編集長:中村るみ子)がそろって発行されて会員、関係者の皆様に届いている頃だと思う。JFMAニュースは、2月のアフターヌーンセミナー「家族と消費の変化トレンド」のテーマで博報堂首席研究員夏山明美氏の講演からで、消費の切り口からの価値観の変化、モノ⇒コト⇒トキ消費とは・・・。小川先生トップインタビューは福花園吉田豊社長、吉田俊大取締役の登場。コロナ禍で苦しむ花き業界の応援新聞記事。ミモザの日、ホワイトデーの花屋さんの店頭の様子など盛り沢山。

 

 MPSニュースは、農水省次世代国産花き産業確立推進事業日持ち性向上対策実証事業発表会報告。オランダ在住の対馬淳一さんのオランダ便りは、オランダチューリップの展示会の様子、MPS取組みについて紹介。今月のMPS参加者紹介は、岐阜県の浅野園芸。その他、マスコミ情報、コープデリ「ヴィ・ナチュール」のMPSの花、植物大好き!西村ECAS社長のコラム」は花の分類について。

松島義幸 * - * 23:14 * comments(0) * -
このページの先頭へ